2011年1月17日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネットが、ガートナーのUTM(統合脅威管理)マジック・クアドラントで「リーダー」の格付けを獲得

ビジョンの完成性と実行能力に基づき評価

Unified Threat Management / 統合脅威管理(以下、UTM)市場のリーディングベンダー、Fortinet® (本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、東京都港区、以下、フォーティネット) は、本日、ガートナー社の「Magic Quadrant for Unified Threat Management(UTMマジック・クアドラント)」レポートにおいて「リーダー」の格付けを獲得したと発表しました。 ガートナー社は、FortiGate®統合脅威セキュリティ アプライアンスの評価に基づいて、ビジョンの完成性と実行能力を評価しています。

今回のUTMマジック・クアドラント レポートによると、ネットワーク脅威の継続的な拡大と巧妙化に加えて、セキュリティ監査や法規制への要求によって、企業はUTMへの移行が促進されています。複数のセキュリティ製品を1つのアプライアンスに統合するUTMの機能は、さらに高度化されており、このようなUTMのニーズの高まりに応えています。 このUTM市場トレンドを裏付けるものとして、本ガートナーレポートでは、2009年の世界規模でのUTM市場は約15億ドルであり、ガートナーの2007年度の予測に比べて25%増加したと述べています。さらに、2012年までの年間の平均成長率が20%から25%に上昇すると予測しています。また、同レポートは、ピュアソフトウェアのUTMソリューションも存在しているが、この市場を牽引しているのはターンキーのアプライアンス ソリューションであると、コメントしています。

さらに、レポートの著者は次のように述べています。 「このクアドラントに格付けされたベンダーは、最新のセーフガード機能を提供している点と、エンドユーザ体験に大きな影響を与えたりIT要員配置の負担を増やすことなく安価に導入できる点において、UTM市場をリードしています。 このほか、これらのベンダーは、セキュリティ製品における脆弱性を回避する優れた追跡記録機能を提供しています。 さらに、共通した特徴としては、信頼性、一貫した処理性能、直感的な運用管理が挙げられています。」

フォーティネットの創業者でプレジデント兼CEOであるKen Xie氏は次のように述べています。「フォーティネットは10年前UTM市場を他社に先駆けて開拓し、これまでにFortune Global 100の大部分の大手企業を含めて、世界中で10万社以上のお客様のセキュリティニーズを満たしてきました。 ガートナーのUTMマジック・クアドラントにて「リーダー」の格付けを取得したことは、規模を問わず、すべての企業、電気通信業者、サービスプロバイダにおける進化する多様なセキュリティ要件を満してきたと同時に、これまでの弊社のイノベーションに対する忠実な献身が評価されたものです。」

フォーティネットのFortiGateアプライアンスは、セキュリティおよびネットワーク機能をひとつにまとめたハイパフォーマンスな統合アレイを提供します。ネットワークの可用性とパフォーマンスを下げることなく、ネットワーク、コンテンツおよびアプリケーションレベルの脅威に対してコンテンツの完璧な保護を実現します。 すべてのFortiGateシステムは、コアセキュリティとネットワーク機能を統合する、ASICによって高速化されたセキュリティ アプライアンスです。ファイアウォール、SSL/IPSec VPN、アンチウイルス、侵入検知、Webフィルタリング、アンチスパム、アプリケーション コントロール、情報漏えい防止、SSLトラフィック分析、WAN最適化といった必要なすべての機能をワンボックスに凝縮しています。 FortiGateのユニークなアプローチは、カスタムFortiASIC™プロセッサと次世代の汎用CPUを組み合わせて、脅威に対してデータを正確にスキャンしながらパケット処理の負荷を最小限に抑えます。 カスタムFortiASICプロセッサによって、FortiGateユーザーはコネクションベース/コンテンツベースの脅威をマルチ・ギガビットの速度で検出できます。

Magic Quadrant (マジック・クアドラント)について
マジック・クアドラントは、2010年にガートナー社(Gartner, Inc.)が著作権を取得しており、その許諾を得て再掲したものです。マジック・クアドラントは、ある時点や期間における、特定の市場を図式的に表現したものです。これは、ガートナー社の採用した定義に基づいて、当該市場向けの基準に特定のベンダーを当てはめた場合の評価をガートナー社が分析したものです。ガートナー社は、マジック・クアドラント内に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、「リーダー」クアドラントに位置付けられたベンダーのみを選択するよう技術を利用する立場にあるユーザーに助言するものではありません。マジック・クアドラントの用途は、リサーチツールに限定されており、特定の行為に導く意図を有していません。ガートナー社は、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

原典: Gartner, Inc., "Magic Quadrant for Unified Threat Management" John Pescatore および Bob Walder共著 2010年10月22日発行

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネットは (NASDAQ: FTNT) ネットワーク セキュリティ アプライアンスのワールドワイド プロバイダであり、統合脅威管理 (UTM) のマーケット リーダーでもあります。フォーティネットの製品とサブスクリプション サービスは、ダイナミックなセキュリティ脅威に対抗する広範で高性能な統合プロテクション機能を提供しつつ、ITセキュリティ インフラの簡易化も実現します。フォーティネットの顧客には、米フォーチュン誌が選出する2009 Fortune Global 100の大部分を含む世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関が名を連ねています。フォーティネットのフラグシップであるFortiGate製品はASICによる高速なパフォーマンスを誇り、アプリケーションやネットワークの脅威から保護する多層セキュリティ機能が統合されています。フォーティネットの幅広い製品ラインはUTMにとどまらず、エンドポイントからデータベースやアプリケーションなどの境界やコアに至る大規模エンタープライズのセキュリティを保護します。フォーティネットは本社をカリフォルニア州サニーベールに構え、世界中にオフィスを展開しています。

###
Copyright © 2010 Fortinet, Inc. All rights reserved.
®と™のマークが付記さらた用語はいずれも、Fortinet, Inc.、その子会社および関連団体の米国における登録商標および未登録の商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiWebなどがありますが、これだけにとどまりません。その他の商標は、各所有者に帰属します。フォーティネットは、サードパーティに帰する本書での声明や認可について中立的な立場で実証してはおらず、またフォーティネットはそのような声明を保証することもありません。本ニュースリリースには、不確実性や仮説を伴う前向きな内容が含まれている場合があります。不確実性が現実になったり、あるいは仮定が正しくないことが判明したりした場合、そうした前向きな声明や仮説で表明または暗示された内容とは実質的に結果が異なる場合があります。史実に関する声明を除くすべての声明は、前向きな声明であると判断されるべきものです。フォーティネットは、どの前向きな声明についても改正する義務を負わず、またこれらの前向きな声明を改正する方針もありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!