2011年3月3日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネットがデータセンタークラスの新セキュリティ アプライアンスを投入

高性能なエンタープライズ クラスのセキュリティを実現するFortiGate-3140Bが高速ネットワークを標的とする複合脅威をブロック

Unified Threat Management/統合脅威管理(以下、UTM)市場のリーディングベンダー、Fortinet® (本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、東京都港区、以下、フォーティネット) は本日、数々の受賞実績を誇るFortiGate®製品ファミリーに加わる新たな統合セキュリティ アプライアンス、FortiGate-3140Bを発表しました。フォーティネットはこの新アプライアンスを含めた製品群を、2月14−18日にサンフランシスコのMoscone Centerで開催されるRSA Conferenceのブース#923で展示しました。[注記: FortiOS™ v4.0オペレーティングシステムの最新リリースについては別紙の発表をご覧ください。]

FortiGate-3140B統合セキュリティ アプライアンスは、最大限のファイアウォール/VPN/IPS (不正侵入防御システム) パフォーマンスを必要とする大規模エンタープライズやデータセンターを対象に設計され、複合脅威や破壊的なマルウェア、および高速ネットワーク環境のセキュリティに対して侵害を試みる新しい脅威に対する防御を最適化します。

高速なパフォーマンス、小型のフォームファクタ

カスタムFortiASIC™プロセッサ搭載のFortiGate-3140Bアプライアンスは、最大58ギガビット/秒のファイアウォール パフォーマンス、10 GbpsのIPSパフォーマンス、および最大22ギガビット/秒のVPNパフォーマンスを大規模エンタープライズに提供するとともに、これらの性能すべてを極めてコンパクトな2ラックユニット (2-RU) のフォームファクタで発揮できるため、ワイヤリングクローゼットの貴重なスペースを無駄にすることがありません。この新アプライアンスには、標準で10個の10ギガビット イーサネット (10-GbE) ポートが装備されています。もっとも要求の厳しいネットワーク環境においてもっともフレキシブルなプロテックションを実現できるよう、このアプライアンスには合計22ポートが搭載されているため、データセンターをはじめとする高帯域アプリケーション環境にとって理想的なシステムとなっています。この比類ないポート密度により、FortiGate-3140Bは高性能ファイアウォールとして設置することも、あるいはパフォーマンスの低下を招くことなくVPN、IPS、アプリケーション制御(アプリケーションの可視化)、アンチスパム、アンチウイルス セキュリティなどの機能を同時にサポートするよう容易に設定できる統合脅威管理ソリューションとして導入することも可能になっています。

FortiGate-3140Bには3番目のメジャーリリースとなるFortiOS v4.0 MR3オペレーティングシステムが搭載され、アクティブ プロファイリングによるポリシー適用の強化、およびフローベース インスペクションによる卓越したWebコンテンツ フィルタリングとトラフィック シェーピングを特長としています。

フォーティネットの創業者で最高技術責任者兼エンジニアリング担当副社長でもあるMichael Xieは次のように述べています。「当社の大規模エンタープライズのお客様からは、ハイパフォーマンス、統合脅威管理システムとしての完成度、そして導入の容易性と言った3つの要素を1台のアプライアンスに組み込むことのできるプロアクティブなセキュリティ機能を望む声が寄せられていましたが、そうしたニーズに対しても、フォーティネットは最新機をFortiGate製品ラインに加えることでお応えします。ハードウェア、ソフトウェア、および「脅威状況」の複数の次元にわたって革新をもたらすことで、フォーティネットは世界中のお客様の新しいセキュリティ要件に対応し続けています」

FortiGate-3140BはFortiGate-3000シリーズ ファミリーに属する最新機種です。この製品ファミリーには、最大120 Gbpsの低レイテンシ ファイアウォール インスペクション パフォーマンスを通じてもっとも要求の厳しいエンタープライズ環境のセキュリティを保護することのできるFortiGate-3950Bや、最大40 Gbpsの超低レイテンシ ワイヤスピード ファイアウォール インスペクション パフォーマンスを誇るFortiGate-3040Bがあります。このアプライアンス ファミリーは、本日同時発表となったFortiOS v4.0 MR3オペレーティングシステムのさまざまな最新機能をフルに活用することができます。

販売状況

FortiGate-3140Bは、現在出荷可能です。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネットは (NASDAQ: FTNT) ネットワーク セキュリティ アプライアンスのワールドワイド プロバイダであり、統合脅威管理 (UTM) のマーケット リーダーでもあります。フォーティネットの製品とサブスクリプション サービスは、ダイナミックなセキュリティ脅威に対抗する広範で高性能な統合プロテクション機能を提供しつつ、ITセキュリティ インフラの簡易化も実現します。フォーティネットの顧客には、米フォーチュン誌が選出する2009 Fortune Global 100の大部分を含む世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関が名を連ねています。フォーティネットのフラグシップであるFortiGate製品はASICによる高速なパフォーマンスを誇り、アプリケーションやネットワークの脅威から保護する多層セキュリティ機能が統合されています。フォーティネットの幅広い製品ラインはUTMにとどまらず、エンドポイントからデータベースやアプリケーションなどの境界やコアに至る大規模エンタープライズのセキュリティを保護します。フォーティネットは本社をカリフォルニア州サニーベールに構え、世界中にオフィスを展開しています。

Copyright© 2011 Fortinet, Inc. All rights reserved. ® と™のマークはいずれも、Fortinet, Inc.、その子会社および関連団体の米国における登録商標および未登録の商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiWebなどがありますが、これだけにとどまりません。その他の商標は、各所有者に帰属します。フォーティネットは、サードパーティに帰する本書での声明や認可について中立的な立場で実証してはおらず、またフォーティネットはそのような声明を保証することもありません。本ニュースリリースには、不確実性や仮説を伴う前向きな内容が含まれている場合があります。不確実性が現実になったり、あるいは仮定が正しくないことが判明したりした場合、そうした前向きな声明や仮説で表明または暗示された内容とは実質的に結果が異なる場合があります。史実に関する声明を除くすべての声明は、前向きな声明であると判断されるべきものです。フォーティネットは、どの前向きな声明についても改正する義務を負わず、またこれらの前向きな声明を改正する方針もありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!