2011年3月3日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネットが「世界最速の統合脅威管理セキュリティおよびスイッチング ブレード」を発表

FortiGateシャーシに新しいブレードを装着することで最大480Gbpsのファイアウォールスループットを実現
〜同時セッション数は、実に1億3,200万セッションをサポート〜

Unified Threat Management/統合脅威管理(以下、UTM)市場のリーディングベンダー、Fortinet®(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、東京都港区、以下、フォーティネット)は本日、FortiGate®-5000シリーズ アプライアンス ファミリーの最新フラグシップ となる「高速セキュリティブレード」と「高性能ネットワークスイッチングブレード」を発表しました。その両製品を組み合わせることで、SaaSとIaaSの両環境を含めた、ダイナミックなマルチテナント大規模エンタープライズネットワークインフラや、携帯電話/スマートフォン/モバイル端末からのショートパケットアクセスによる大量トラフィック処理における高速ファイアウォール性能と大量の同時セッション数を要求するサービスプロバイダーネットワークに最適なネットワークセキュリティ機能を提供します。

新しいFortiGate-5001Bは、さまざまなクリティカル セキュリティ サービスとネイティブ10ギガビット イーサネット (GbE) サポートを統合した、FortiGate-5000シャーシ ベース プラットフォーム用の高性能セキュリティ ブレードです。極めて高速な最大40 Gbpsのファイアウォール スループットと最大17 GbpsのVPN (仮想プライベート ネットワーク) スループットを発揮するFortiGate-5001Bには、ATCA (Advanced Telecom Computing Architecture) 規格準拠のコンパクトなブレード フォームファクタに重要なセキュリティ機能が統合されています。その機能として、ファイアウォール、VPN、アプリケーション制御、不正侵入防御、アンチウイルス、アンチマルウェア、アンチスパム、Webコンテンツ フィルタリングなどがあります。これらのセキュリティ サービスのパフォーマンスを最適化するために、FortiGate-5001Bセキュリティ ブレードには最新のIntel 4コアCPUと2つのFortinet FortiASIC NP4ネットワーク プロセッサ チップが統合されています。これは、フォーティネットの第4世代のATCA準拠ソリューションとなります。第1世代は2004年に出荷されたATCAシャーシ ベースFortiGate-5001SXおよびFortiSwitch-5003でした。第2世代のATCA準拠アプライアンスは2006年のFortiGate-5005FA2とFortiController-5208、また第3世代は2008年のFortiGate-5001AとFortiSwitch-5003Aです。フォーティネットはテレコム業界で常に先駆けとなるイノベーションを達成してきましたが、その新たな一ページを飾るのがFortiGateによるNEBSレベル3規格の認定取得です。この規格は、大手通信事業者の本社でキャリア向け機器を運用する際の要件となります。

FortiGate-5000シリーズ シャーシのバックプレーン ファブリックに10-GbEスイッチング機能を提供する新しいFortiSwitch™-5003Bスイッチング ブレードは、極めて低いレイテンシで動作できるため、帯域消費がますます激しくなっているデータセンターで必要な複合脅威セキュリティのパフォーマンスを最大化することが可能になります。大規模エンタープライズ、モバイル通信事業者、マネージド サービスプロバイダを対象に設計されているフォーティネットの新製品は、さまざまなセキュリティ サービスの統合とネットワーク インフラの簡素化を実現することで、パフォーマンスの多大な向上、複合脅威プロテクションの劇的な強化、および運用コストの大幅な削減を可能にします。

FortiGate-5001BをFortiGate-5140シャーシに装着した場合、通信事業者やマネージド セキュリティ サービスプロバイダの環境において最大480Gbpsのファイアウォール スループット パフォーマンスを発揮することができ、業界最速のブレード システムとなります。FortiGate-5000シリーズ シャーシに新しいFortiGate-5001Bセキュリティ ブレードとオプションのFortiSwitch-5003Bスイッチング ブレードを装着すると、10-GigEネットワーク環境に必要となるキャリアクラスの信頼性と拡張性を備えたモジュラー型の複合脅威セキュリティ ソリューションが完成します。多数のスロットを備えたモジュラー プラットフォームとして、FortiGate-5000シリーズは、ハイパフォーマンス セキュリティ インフラの強固な土台となるように設計されています。FortiGate-5000シリーズに新しいFortiGate-5001BおよびFortiSwitch-5003Bブレードを装着したソリューションは、高速複合脅威セキュリティ ゲートウェイやマネージド セキュリティ サービス、あるいは複雑なセキュリティ ゾーンニング アプリケーションとして最適です。このソリューションをさらにフォーティネットの集中管理およびレポーティング ソリューションと統合することで、大規模展開環境を広範にコントロールすることが可能になります。

FortiGate-5000シリーズにはまた次のような利点があります。

  • ホットスワップが可能な冗長電源とファンにより、単一障害を最小限に抑えることができます。
  • アクティブ/アクティブおよびアクティブ/パッシブの高可用性モードにより、間断ないサービスを可能にします。
  • フォーティネットのFortiManager™ 集中管理およびFortiAnalyzer™ 集中レポーティング アプライアンスとの統合により、セキュリティ管理やレポーティング/分析を簡易化するとともに、運用コストを削減できます。
  • FortiGuardサブスクリプション サービスを通じて、セキュリティ脅威やエクスプロイトに対する自動リアルタイム最新保護機能が提供されています。
  • カスタマ、事業部、その他任意の論理区分でネットワークを分割するなど柔軟に導入できるため、バーチャル ドメインを用いたコントロール能力の最大化につながります。本プラットフォームは仮想化環境にも最適です。
  • オールインワン統合セキュリティ ブレードで必要なサービスのみを提供できるようにすることで、既存のセキュリティ インフラを補完またはアップグレードできます。
  • 組織のセキュリティ要件に応じて複合脅威セキュリティ、ロードバランシング、および高速ネットワーキングを正確に組み合わせて設計することができます。

フォーティネットの創業者で最高技術責任者兼エンジニアリング担当副社長でもあるMichael Xieは次のように述べています。「とりわけ何十万あるいは何百万ものエンド カスタマやクライアント/モバイル端末をサポートするビジネスクリティカルな大規模環境では、ネットワーク セキュリティに月並みなステレオタイプのアプローチを採用するわけにはいきません。顧客環境はそれぞれ固有の脅威プロファイルと、それに応じたセキュリティおよびパフォーマンス要件を抱えているからこそ、フォーティネットはネットワーク防御に機敏なモジュラー アプローチを採用し、革新をもたらし続けているのです。こうした各環境の固有の要件を認識することで、フォーティネットはFortiGate-5001BおよびFortiSwitch-5003Bブレードの投入を通じて再び、高性能ネットワーク セキュリティの基準をさらに高めることとなりました」

販売状況

FortiGate-5001BとFortiSwitch-5003Bは、2011年3月以降出荷開始します。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネットは (NASDAQ: FTNT) ネットワーク セキュリティ アプライアンスのワールドワイド プロバイダであり、統合脅威管理 (UTM) のマーケット リーダーでもあります。フォーティネットの製品とサブスクリプション サービスは、ダイナミックなセキュリティ脅威に対抗する広範で高性能な統合プロテクション機能を提供しつつ、ITセキュリティ インフラの簡易化も実現します。フォーティネットの顧客には、米フォーチュン誌が選出する2009 Fortune Global 100の大部分を含む世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関が名を連ねています。フォーティネットのフラグシップであるFortiGate製品はASICによる高速なパフォーマンスを誇り、アプリケーションやネットワークの脅威から保護する多層セキュリティ機能が統合されています。フォーティネットの幅広い製品ラインはUTMにとどまらず、エンドポイントからデータベースやアプリケーションなどの境界やコアに至る大規模エンタープライズのセキュリティを保護します。フォーティネットは本社をカリフォルニア州サニーベールに構え、世界中にオフィスを展開しています。

Copyright© 2011 Fortinet, Inc. All rights reserved. ® と™のマークはいずれも、Fortinet, Inc.、その子会社および関連団体の米国における登録商標および未登録の商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiWebなどがありますが、これだけにとどまりません。その他の商標は、各所有者に帰属します。フォーティネットは、サードパーティに帰する本書での声明や認可について中立的な立場で実証してはおらず、またフォーティネットはそのような声明を保証することもありません。本ニュースリリースには、不確実性や仮説を伴う前向きな内容が含まれている場合があります。不確実性が現実になったり、あるいは仮定が正しくないことが判明したりした場合、そうした前向きな声明や仮説で表明または暗示された内容とは実質的に結果が異なる場合があります。史実に関する声明を除くすべての声明は、前向きな声明であると判断されるべきものです。フォーティネットは、どの前向きな声明についても改正する義務を負わず、またこれらの前向きな声明を改正する方針もありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!