2011年4月1日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネットはカナダにおけるネットワーク セキュリティの導入支援のため、中核拠点であるオタワオフィスを強化

同地域での普及を促進するために、研究開発およびテクニカル サポート チームを拡充

Unified Threat Management/統合脅威管理 (以下、UTM) 市場のリーディングベンダー、Fortinet®(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、東京都港区、以下、フォーティネット)は本日、同社のオタワ オフィスのスタッフ増員とサービス プログラムの発展を祝しました。同オフィスは、フォーティネットの製品トレーニング、研究開発、およびテクニカル サポート チームの中核拠点としての役割を担っています。コンピュータ セキュリティ業界に革新をもたらし続け、創立10周年を先日迎えたフォーティネットは、米フォーチュン誌が選出するGlobal 500の大部分を含む世界中の企業、サービスプロバイダ、行政機関にエンドツーエンドのセキュリティ ソリューションを提供しています。オタワ チームの規模が大きく成長した主な要因となったのは、地元の顧客による採用が増加したことや、これらのセグメントにおける要件をサポートできたことに加えて、この地域で提供されているフォーティネットのテクニカル サポートがさらなる発展を遂げたことによるものです。

フォーティネットのオタワ オフィスは2002年に開設されました。開設当初は正社員1名と契約社員1名でしたが、その後70名以上の社員をかかえるまでに成長し、引き続き多岐にわたる職種の募集が進められています。同オフィスのこうした成長を通じて、フォーティネットはオタワのテクノロジ コミュニティにおける強力なパートナーとしての立場を確立するとともに、バイリンガル技術支援センター (TAC) の継続的な発展を進めることが可能になりました。同センターは、地元の求職者に向けて雇用の機会も創造しています。

フォーティネットのTACは世界中でその存在感を高めていますが、それをさらに促進することがオタワ オフィスにおいても特に重要視されています。フォーティネットは先日、テクニカル カスタマ サポートの提供内容全般について、対面型の製品トレーニング コースに加えてリアルタイムのオンライン トレーニングを含めるなどのコースの強化について発表するとともに、パッケージ型のプロフェッショナル サービスについても提供を開始しました。

フォーティネットのMichael Andersonサービス担当副社長は次のように述べています。「今年に入ってからもオタワのスタッフは増え続けていますが、その大部分はテクニカル サポートと当社の新しいプロフェッショナル/エデュケーショナル サービスの部門に配属されています。オタワのサポート スタッフの大幅な増員は連邦政府や大規模エンタープライズのお客様が増えたためで、引き続き更なる採用を進ていきます。」

継続的に人員を確保できるよう、フォーティネットはITO Ottawa、およびWillis Collegeのオタワ キャンパスと提携しています。ITO Ottawaは、求職中のITワーカーが急激に成長している技術部門で職を得られるよう支援するために設立された組織であり、2010年4月からフォーティネットと密接な協力関係を築いてきました。提携を結んで以来、フォーティネット オタワ オフィスの60%のスタッフがITOプログラムを通じて採用されています。

フォーティネットはWillis Collegeともパートナーシップを結んでいます。Willis Collegeは、オタワを拠点とする民間資本の成人教育トレーニング プロバイダです。このパートナーシップを通じて、フォーティネットは多数のエンタープライズ クラスのネットワーク セキュリティ ソリューションを学校に提供し、ネットワーク セキュリティ環境のインストールとコンフィグレーション全体に関する経験を積んだ学生らを輩出する総合的な教室カリキュラムを共同で運営していきます。フォーティネットは現在、Willies Collegeの2名の卒業生をテクニカル サポート スタッフとして採用しています。

革新をもたらし続けて10周年

フォーティネットは2000年に創設され、2009年11月にNASDAQに上場しました。フォーティネットの成長を支えた主要な原動力となったのは、テクノロジ面での自社の専門技術です。これを通じてフォーティネットは、世界唯一となるASICで高速化を実現したネットワーク ベースの複合脅威セキュリティ システムの開発に成功し、2002年5月に最初のFortiGate®システムを投入しました。イノベーションの面では、フォーティネットは60以上の交付済み特許を取得するとともに、100以上の特許が出願中となっています。また、他のどのセキュリティ アプライアンス ベンダーよりも多数の製品認定を取得しているほか、Information Security誌、SC誌、およびNetwork World誌の100以上の製品アワードの受賞実績を誇っています。フォーティネットは、小中規模の企業からハイエンドの通信事業者に至るあらゆる環境にネットワーク セキュリティ インフラを提供し、現在世界中に23のオフィス、1,300名の従業員、および100,000社以上の顧客を有しています。

フォーティネットのGraham Bushkesカナダ セールス担当副社長は次のように述べています。「フォーティネットは競争力ある革新的なエンドツーエンドのセキュリティ ソリューションを生み出し続け、これらを大規模エンタープライズやサービスプロバイダ、行政機関の技術センターに日々提供しています。オタワやカナダ全土における成長は当社の誇りです。当社は今後もお客様やコミュニティの協力の下、クリティカルなセキュリティ対策に応える製品、サービス、および教育を提供し続けていきます。」

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネットは (NASDAQ: FTNT) ネットワーク セキュリティ アプライアンスのワールドワイド プロバイダであり、統合脅威管理 (UTM) のマーケット リーダーでもあります。フォーティネットの製品とサブスクリプション サービスは、ダイナミックなセキュリティ脅威に対抗する広範で高性能な統合プロテクション機能を提供しつつ、ITセキュリティ インフラの簡易化も実現します。フォーティネットの顧客には、米フォーチュン誌が選出する2009 Fortune Global 100の大部分を含む世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関が名を連ねています。フォーティネットのフラグシップであるFortiGate製品はASICによる高速なパフォーマンスを誇り、アプリケーションやネットワークの脅威から保護する多層セキュリティ機能が統合されています。フォーティネットの幅広い製品ラインはUTMにとどまらず、エンドポイントからデータベースやアプリケーションなどの境界やコアに至る大規模エンタープライズのセキュリティを保護します。フォーティネットは本社をカリフォルニア州サニーベールに構え、世界中にオフィスを展開しています。

Copyright© 2011 Fortinet, Inc. All rights reserved. ® と™のマークはいずれも、Fortinet, Inc.、その子会社および関連団体の米国における登録商標および未登録の商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiWebなどがありますが、これだけにとどまりません。その他の商標は、各所有者に帰属します。フォーティネットは、サードパーティに帰する本書での声明や認可について中立的な立場で実証してはおらず、またフォーティネットはそのような声明を保証することもありません。本ニュースリリースには、不確実性や仮説を伴う前向きな内容が含まれている場合があります。不確実性が現実になったり、あるいは仮定が正しくないことが判明したりした場合、そうした前向きな声明や仮説で表明または暗示された内容とは実質的に結果が異なる場合があります。史実に関する声明を除くすべての声明は、前向きな声明であると判断されるべきものです。フォーティネットは、どの前向きな声明についても改正する義務を負わず、またこれらの前向きな声明を改正する方針もありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!