2011年4月13日
フォーティネットジャパン株式会社

FortiGate複合脅威セキュリティ アプライアンスとFortiOS v4.0ファームウェアがCommon Criteria EAL 4+認定を獲得

機密情報を扱う行政機関や企業顧客に必要とされる最も高度なセキュリティ基準を満たす

Unified Threat Management/統合脅威管理 (以下、UTM) 市場のリーディングベンダー、Fortinet®(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、東京都港区、以下、フォーティネット)は本日、同社のFortiGate-200BおよびFortiGate-620B複合脅威セキュリティ ソリューションとFortiOS v4.0ファームウェアがCommon Criteria Evaluation Assurance Level 4 (EAL 4+) 認定を獲得したことを発表しました。その認定プロセスはITセキュリティ製品の信頼性を判定するサードパーティ評価であり、企業や行政機関にとって極めて重要な意義を持っています。

Common Criteriaの国際標準規格評価を実施するには、製品やシステムのセキュリティ面について調べるための正式かつ厳格な解析と試験が必要になります。拡張試験には、包括的で確実に再現可能なプロセスが必要です。このプロセスで、セキュリティ製品の機能がメーカーの主張通りであることを確証します。評価プロセスでは、セキュリティ上の欠陥や潜在的な脆弱性について特に入念に調査します。

FortiGate複合脅威セキュリティ ソリューションは、リモート オフィスから大規模エンタープライズ、サービスプロバイダ、通信事業者に至るあらゆる企業に高性能でフレキシブルな統合セキュリティを提供します。FortiGate製品ラインの基盤となっているのが、強固なセキュリティを実現する専用のオペレーティングシステム、FortiOSです。FortiOSはFortiASICプロセッサが実現するハードウェア アクセラレーション機能を活用し、このプロセッサを通じてIPv6対応のセキュリティやネットワーキング サービスをはじめとする広範な機能スイートを単一のデバイスで展開できるようになります。

フォーティネットの創業者で最高技術責任者兼エンジニアリング担当副社長でもあるMichael Xieは次のように述べています。「独立機関によるテストを経てCommon Criteria EAL 4+認定を取得したことで、FortiGateセキュリティ ソリューションの信頼性が実証され、企業や行政機関のお客様は安心してこれを導入し、お使いいただけることになります。今回のEAL 4+認定は、これらの製品に当社が費やしてきた10年以上にわたる研究開発が実を結んだことを示すものであり、UTMマーケットにおけるリーダーとしての当社の立場をより一層強化することになるでしょう。」

ISO標準15408として知られるCommon CriteriaのITセキュリティ評価規格は、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オランダの各国セキュリティ機関によって策定され、商用はもちろん政府機関が使用する国家機密に類するITセキュリティ製品に向けて広範な評価基準を提供しています。EAL 4+は、Common Criteria相互認証協定の下、すべての認定付与機構から世界的に承認されているもっともハイレベルの保証です。

EWA-Canada社Common CriteriaテストラボのErin Connorディレクタは次のように述べています。「EAL 4+認定の獲得は、フォーティネットのフラグシップであるFortiGate製品ラインに対するCommon Criteriaのテストに向けて同社が継続的に取り組んできた熱意を証明するものです。今回のテストを通じて、FortiGateは設定もテストも複雑さはなく、その包括的なユーザ ドキュメントとインストレーション ドキュメントに基づいて容易に企業ネットワークに統合できることがわかりました。FortiGateソリューションを導入しているエンドユーザは、厳しい国際規格を満たす製品を安心して運用することができるはずです。」

フォーティネットのFortiGateは、ファイアウォール、SSL/IPSec VPN、アンチウイルス、不正侵入防御、Webフィルタリング、アンチスパム、アプリケーション制御、情報漏洩防止、SSLトラフィック インスペクション、WAN最適化といったコア セキュリティ機能とネットワーク機能を統合した、ASICで高速化されたセキュリティ アプライアンスです。FortiGateのユニークなアプローチではFortiASICプロセッサと最新世代の汎用CPUが統合されており、パケット処理を最小化しつつ、脅威がないかどうかを正確にスキャンすることができます。FortiASICプロセッサにより、悪意のあるコンテンツやコネクション ベースの脅威をマルチギガビットのスピードで検出することが可能になります。

EWA-Canada社について

EWA-Canada社は、カナダにおけるITセキュリティおよび保証サービスの最大手プロバイダとして知られています。同社のソリューションは、全社員の確かな専門技術、構造化されたシステムエンジニアリング アプローチ、およびベンダに依存しない適切なテクノロジの選択と実装に基づいています。EWA-Canada社は、セキュリティ プログラム開発、リスク評価 (TRA評価、侵入テスト、脆弱性評価などを含む)、セキュリティ アーキテクチャの設計と開発、ID証明の発行、セキュリティ インシデント対応、コンピュータ フォレンジック、トレーニングなどのあらゆる側面にわたって、認定資格を備えた経験豊かな人材と企業ノウハウを提供します。1988年6月に法人組織として運営を開始した同社は、世界クラスの卓越したソリューションの提供を掲げてカナダ人の経営陣とスタッフによって運営されている、ISO 9001:2008認証取得企業です。

関連プレスリリース

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネットは (NASDAQ: FTNT) ネットワーク セキュリティ アプライアンスのワールドワイド プロバイダであり、統合脅威管理 (UTM) のマーケット リーダーでもあります。フォーティネットの製品とサブスクリプション サービスは、ダイナミックなセキュリティ脅威に対抗する広範で高性能な統合プロテクション機能を提供しつつ、ITセキュリティ インフラの簡易化も実現します。フォーティネットの顧客には、米フォーチュン誌が選出する2009 Fortune Global 100の大部分を含む世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関が名を連ねています。フォーティネットのフラグシップであるFortiGate製品はASICによる高速なパフォーマンスを誇り、アプリケーションやネットワークの脅威から保護する多層セキュリティ機能が統合されています。フォーティネットの幅広い製品ラインはUTMにとどまらず、エンドポイントからデータベースやアプリケーションなどの境界やコアに至る大規模エンタープライズのセキュリティを保護します。フォーティネットは本社をカリフォルニア州サニーベールに構え、世界中にオフィスを展開しています。

Copyright© 2011 Fortinet, Inc. All rights reserved. ® と™のマークはいずれも、Fortinet, Inc.、その子会社および関連団体の米国における登録商標および未登録の商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiWebなどがありますが、これだけにとどまりません。その他の商標は、各所有者に帰属します。フォーティネットは、サードパーティに帰する本書での声明や認可について中立的な立場で実証してはおらず、またフォーティネットはそのような声明を保証することもありません。本ニュースリリースには、不確実性や仮説を伴う前向きな内容が含まれている場合があります。不確実性が現実になったり、あるいは仮定が正しくないことが判明したりした場合、そうした前向きな声明や仮説で表明または暗示された内容とは実質的に結果が異なる場合があります。史実に関する声明を除くすべての声明は、前向きな声明であると判断されるべきものです。フォーティネットは、どの前向きな声明についても改正する義務を負わず、またこれらの前向きな声明を改正する方針もありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!