2011年6月9日
フォーティネットジャパン株式会社

  • 米国時間2011年6月6日に発表されたプレスリリースの抄訳です。

グローバルIPソリューション プロバイダ大手のGlobal Crossing社がCPEベースのマネージド セキュリティ サービスの提供にあたってフォーティネットを採用

フォーティネットの複合脅威セキュリティ アプライアンスがエンタープライズ カスタマに容易に利用できるソリューションを提供

Unified Threat Management/統合脅威管理 (以下、UTM) 市場のリーディングベンダー、Fortinet®(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、日本法人:フォーティネットジャパン株式会社、東京都港区、以下、フォーティネット)は本日、グローバルIPソリューションの大手プロバイダであるGlobal Crossing社 (NASDAQ: GLBC) が同社の新しいマネージド サービス、Global Crossing Security Solutionsの展開にあたってフォーティネットのUTMアプライアンスを採用したことを発表しました。同サービスの一部として、Global Crossing社はFortiGate-80C、FortiGate-200B、FortiGate-620B、FortiGate-1240B、FortiGate-3950Bの各アプライアンスを使用し、ファイアウォール、アプリケーション制御、不正侵入検知/防御、Webコンテンツ フィルタリング、アンチウイルス、アンチスパムといった機能を提供します。

Global Crossing社は世界で初めて統合グローバルIPベース ネットワークを展開した大手グローバルIPおよびイーサネット ソリューション プロバイダです。データ、音声、コラボレーション サービスを包含したフルサービスを提供している同社では、世界中の70か国以上にわたってコンバージェンスIPサービスを提供しています。

Global Crossing Security Solutionsサービスの対象となるのは、Global Crossing社のエンタープライズ カスタマ、特にネットワーク セキュリティ アプライアンスを自社内に設置しつつも管理はしたくないと考えている企業です。Global Crossing社のセキュリティ運営センターでは、Global Crossing Security Solutionsを採用している顧客に向けて、インシデントの処理、イベントの相関関連、および脅威の排除を提供することになっています。

Global Crossing社のIP/データ サービス製品管理担当副社長を務めるDavid Siegel氏は次のように述べています。「Global Crossing社はフォーティネットの協力の下、ネットワークにおけるビジネス/情報セキュリティ ポリシーの管理と施行に伴う負担を大幅に緩和することのできる、極めて包括的で高性能の情報セキュリティ ソリューションを提供しています。当社のマネージド ポートフォリオに属するすべてのソリューションに最新のテクノロジを導入するよう取り組んでいる当社では、Global Crossing Security Solutionsサービスを提供するための卓越した技術基盤を構築するうえでフォーティネットが非常に重要な役割を担ってくれていることを、大いに歓迎しています。」

顧客にワールドクラスのサービスを提供できるようにGlobal Crossing社の担当チームをサポートするのはDimension Data社です。同社はフォーティネットの戦略的パートナーの1社であり、47億ドル規模のグローバルITソリューションおよびサービス プロバイダです。

フォーティネットのMatt Pleyキャリア セールス担当バイスプレジデントは次のように述べています。「Global Crossing社が新しいマネージド セキュリティ サービスを展開するにあたってフォーティネットがネットワーク セキュリティの標準となり、当社にとって大変光栄です。Global Crossing社、Dimension Data社、そしてフォーティネットが密接な協力体制を構築することで、容易に活用でき、リモート管理も可能なエンタープライズ レベルのネットワーク セキュリティ プロテクションをエンドユーザに提供します。」

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネットは (NASDAQ: FTNT) ネットワーク セキュリティ アプライアンスのワールドワイド プロバイダであり、統合脅威管理 (UTM) のマーケット リーダーでもあります。フォーティネットの製品とサブスクリプション サービスは、ダイナミックなセキュリティ脅威に対抗する広範で高性能な統合プロテクション機能を提供しつつ、ITセキュリティ インフラの簡易化も実現します。フォーティネットの顧客には、米フォーチュン誌が選出する2009 Fortune Global 100の大部分を含む世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関が名を連ねています。フォーティネットのフラグシップであるFortiGate製品はASICによる高速なパフォーマンスを誇り、アプリケーションやネットワークの脅威から保護する多層セキュリティ機能が統合されています。フォーティネットの幅広い製品ラインはUTMにとどまらず、エンドポイントからデータベースやアプリケーションなどの境界やコアに至る大規模エンタープライズのセキュリティを保護します。フォーティネットは本社をカリフォルニア州サニーベールに構え、世界中にオフィスを展開しています。

Copyright© 2011 Fortinet, Inc. All rights reserved. ® と™のマークはいずれも、Fortinet, Inc.、その子会社および関連団体の米国における登録商標および未登録の商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiWebなどがありますが、これだけにとどまりません。その他の商標は、各所有者に帰属します。フォーティネットは、サードパーティに帰する本書での声明や認可について中立的な立場で実証してはおらず、またフォーティネットはそのような声明を保証することもありません。本ニュースリリースには、不確実性や仮説を伴う前向きな内容が含まれている場合があります。不確実性が現実になったり、あるいは仮定が正しくないことが判明したりした場合、そうした前向きな声明や仮説で表明または暗示された内容とは実質的に結果が異なる場合があります。史実に関する声明を除くすべての声明は、前向きな声明であると判断されるべきものです。フォーティネットは、どの前向きな声明についても改正する義務を負わず、またこれらの前向きな声明を改正する方針もありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!