2011年8月4日
フォーティネットジャパン株式会社

  • 米国時間2011年8月1日に発表されたプレスリリースの抄訳です。

フォーティネットが米国Business Solutions Magazine誌の"Best Channel Product 2011"アワードを、ネットワークセキュリティ部門の4カテゴリとネットワーキング部門の1カテゴリで受賞

「エンドポイント クライアント」カテゴリでFortiClient、「UTM」カテゴリでFortiGate-80C、「Webコンテンツ フィルタリング」カテゴリでFortiWeb-1000C、「メールセキュリティ」カテゴリでFortiMail-3000C、「ワイヤレス アクセスポイント」カテゴリでFortiAP-220Bを、販売リセラーの投票によって、それぞれのカテゴリのトップ製品として選出

ネットワークセキュリティのリーディングプロバイダーであり、UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理) ソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet, Inc. 本社:米国カリフォルニア州サニーベール NASDAQ:FTNT)は本日、弊社のFortiClient、FortiGate-80C、FortiWeb-1000C、FortiAP-220B、FortiMail-3000Cの5製品が米国Business Solutions Magazine誌の「Best Channel Product(最良チャネル製品)2011」アワードを受賞したと発表しました。フォーティネットの各製品が同アワードを受賞したカテゴリは、エンドポイント クライアント、UTM、Webコンテンツ フィルタリング、ワイヤレス アクセス ポイント(WAP)、メール セキュリティの5つです。同アワードは、VAR(付加価値再販売者)1,400社以上によって投票され、機能の豊富さ、製品の信頼性/耐久性、統合の容易さ、アップグレードの容易さ、VARのサポート力をベースに評価されました。

フォーティネットのプロダクト マーケティング バイスプレジデントであるPatrick Bedwellは次のように述べています。「今日このアワードを受賞したことは、業界においてクラス最高のネットワーク セキュリティ製品を生産・製造しているという弊社の企業理念を証明したことを意味します。われわれは、弊社の販売リセラー様によって評価されていることを心から嬉しく思っております。今後とも、市場で最も革命的な製品を提供することによって、販売リセラー様と関係性をさらに強化できることを期待しています。」

調査の方法

2011年1月号で、Business Solutions Magazine(BSM)誌はVARの購読者を調査し、7つのカテゴリでベンダの評価を依頼しました。調査において統計の正確性を確認するために、BSMはペンシルベニア州立大学と連携して、最終結果の集計を同大学に支援してもらいました。計11,711票が集められ、BSMが実施した中で最も大規模な調査結果の1つとなりました。リセラーとして検証できなかった投票は除外されました。競合製品を露骨に"悪評価"しているとみなされる票も除外されました。テクノロジのカテゴリの妥当なサンプリングと考えるには、あまりにも少ない得票であった製品は評価対象から除外されました。今年投票が行なわれたテクノロジ分野は、バーコード ラベリング ソフトウェア、バーコード プリンター、モバイル プリンター、ハンドヘルド コンピュータ、ハンドヘルド スキャナ、アクセス コントロール、DVR/NVR、VMS、ビデオ監視、ネットワーク スキャナ、プロダクション スキャナ、MFP、ECMソフトウェア、フォーム プロセッシング ソフトウェア、ノートPC、デジタル サイネージ、パワー プロテクション、Eメールセキュリティ、Webコンテンツ フィルタリング、エンドポイント セキュリティ、UTM、バックアップ&ディザスタ リカバリ、データ管理ソフトウェア、NAS、SAN、仮想化、小売り向けPOS、ホテル・レストラン向けのPOS、オールインワンのPOS、レシート プリンター、キャッシュ ドローア/キャッシュ レジスタ、バーコード スキャナ、POSシステム、支払い処理サーバ、スイッチ、ルータ、ワイヤレス ネットワーキング、WAP、マネージド サービス、UC、IP PBX、IP電話です。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネットは (NASDAQ: FTNT) ネットワーク セキュリティ アプライアンスのワールドワイド プロバイダであり、統合脅威管理 (UTM) のマーケット リーダーでもあります。フォーティネットの製品とサブスクリプション サービスは、ダイナミックなセキュリティ脅威に対抗する広範で高性能な統合プロテクション機能を提供しつつ、ITセキュリティ インフラの簡易化も実現します。フォーティネットの顧客には、米フォーチュン誌が選出する2010 Fortune Global 100の大部分を含む世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関が名を連ねています。フォーティネットのフラグシップであるFortiGate製品はASICによる高速なパフォーマンスを誇り、アプリケーションやネットワークの脅威から保護する多層セキュリティ機能が統合されています。フォーティネットの幅広い製品ラインはUTMにとどまらず、エンドポイントからデータベースやアプリケーションなどの境界やコアに至る大規模エンタープライズのセキュリティを保護します。フォーティネットは本社をカリフォルニア州サニーベールに構え、世界中にオフィスを展開しています。

Copyright© 2011 Fortinet, Inc. All rights reserved. ® と™のマークはいずれも、Fortinet, Inc.、その子会社および関連団体の米国における登録商標および未登録の商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiWebなどがありますが、これだけにとどまりません。その他の商標は、各所有者に帰属します。フォーティネットは、サードパーティに帰する本書での声明や認可について中立的な立場で実証してはおらず、またフォーティネットはそのような声明を保証することもありません。本ニュースリリースには、不確実性や仮説を伴う前向きな内容が含まれている場合があります。不確実性が現実になったり、あるいは仮定が正しくないことが判明したりした場合、そうした前向きな声明や仮説で表明または暗示された内容とは実質的に結果が異なる場合があります。史実に関する声明を除くすべての声明は、前向きな声明であると判断されるべきものです。フォーティネットは、どの前向きな声明についても改正する義務を負わず、またこれらの前向きな声明を改正する方針もありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!