2011年10月12日
フォーティネットジャパン株式会社

  • 米国時間2011年10月3日に発表されたプレスリリースの抄訳です。

フォーティネット、脅威動向調査でApache Serverの新たな脆弱性を警告

「Operation Occupy Wall Street(ウォールストリートの反体制運動)」がハッカー集団AnonymousからSQLインジェクションやDoS攻撃の協力を受ける

ネットワークセキュリティのリーディングプロバイダーであり、UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理) ソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet, Inc. 本社:米国カリフォルニア州サニーベール NASDAQ:FTNT)は本日、脅威動向に関する最新レポートをリリースしました。本調査レポートでは、新しいApache KillerツールがApache Serverの脆弱性を攻撃することに使用されていることを明らかにしています。今回報告されたApache Serverの脆弱性は、旧バージョンのApacheを実行しているWebホストに対してDoS攻撃を仕掛けるのに使われている可能性があります。Apacheはすでにこの欠陥を修正済みで、ユーザに対して直ちにApache 2.2.20にアップグレードするように勧めています。

ウォールストリートの反体制運動グループがAnonymousの協力を受ける

Operation Occupy Wall Streetと呼ばれる米ウォールストリートで活動する草の根の反体制運動グループは7月初めに結成されました。米国金融業界における腐敗や欲望など追及する、同反体制グループの視点は注目されていますが、8月終わりにハッカー集団であるAnonymousからサイバー攻撃の協力を受けました。WikiLeaksのディレクターであるJulian Assange氏の下に結束していることで広く知られているAnonymousは、PayPal、MasterCard、Visa などに対してDDoS攻撃を行なっていますが、最近、#RefRefと呼ばれる新たなDDoSツールを配備し、SQLサーバの脆弱性を攻撃しています。

フォーティネットのシニア セキュリティ ストラテジストであるDerek Mankyは次のように述べています。「#RefRefはAnonymousにとってApache KillerやLow Orbit Ion Cannon (LOIC)に取って代わる次なる攻撃ツールです。TCPやUDPパケットの絶え間なく爆撃をするために複数のユーザが必要となるLOICと違って、#RefRefは1回の攻撃で終わります。システムの脆弱性をつかれマルウェアをしかけられたシステムは、リソースの枯渇によって最終的にクラッシュします。

FortiGuardは、この脅威を軽減させるIPSシグネチャ'RefRef.DoS'をリリースしました。

メール マルウェアがこそこそ実行する添付ファイルを獲得

9月後半のマルウェアのトップ10は、スパムメールの添付ファイルや悪意のあるリンクを通して広まったマルウェアが大半を占めていました。不正なメールのほとんどは、PDF/Wordドキュメント、請求書、領収書、PayPal通知、圧縮ドキュメントなど、なんらかの感染した添付ファイルを含んでいました。ある添付ファイルが持っていた興味深い特性は、ユーザによって実行された後、自らを削除し、そのことによって検知を難しくさせています。

疑いを持たないユーザに、マルウェアに感染した添付ファイルをクリックさせるために、悪意のあるメール作成者が使用するトリックは、今日使用されている様々なタイプのドキュメントと関連した、正規のものに見えるアイコンでマルウェアの実行アイコンを偽装するという方法です。このタイプの感染を回避する最も安全な方法は添付ファイルをダブルクリックしないことです。代わりに、アイコンを右クリックしてその添付ファイルをデスクトップに保存し、それから保存されたドキュメントを右クリックして、ファイルのプロパティを確認することです。ファイルのプロパティを調べてもドキュメントの実態が判明しない場合、FortiGuardのオンライン ウイルス スキャナーに疑わしいファイルを提出して、有害なファイルかどうかの確認が可能です。

FortiGuard Labsについて (www.fortiguard.com)
FortiGuard Labsは、世界中で稼働しているFortiGateネットワーク セキュリティ アプライアンスおよびFortiGuard Labsの監視システムから収集したデータに基づいて、過去4週間の脅威に関する統計およびトレンドを収集・集計しています。

FortiGuardサービスは、アンチウイルス、不正侵入防止、Webコンテンツ フィルタリング、アンチスパム機能などを含めた包括的な セキュリティ ソリューションを提供します。 このサービスによって、アプリケーション層とネットワーク層の両方における脅威から保護することができます。 FortiGuardサービスはFortiGuard Labsによってアップデートされており、これを通じてフォーティネットは、マルチレイヤ セキュリティ インテリジェンスと新たに台頭する脅威に対するゼロデイ保護を提供することが可能となっています。 FortiGuardのサブスクリプション サービスを契約しているお客様には、すべてのFortiGate、FortiMailおよびFortiClient製品に対して上記のアップデートが適用されます。

最新のウイルス対処状況レポートは現在ご覧いただけます。いくつかのカテゴリおよび特定の部門での脅威の上位ランキングも掲載されています。 現在進行中の調査結果は、FortiGuardセンターまたはFortiGuard LabsのRSSフィードを通してご覧いただけます。 セキュリティ テクノロジおよび脅威分析に関するさらなる見解は、Fortinetのセキュリティに関するブログおよびフォーティネットの月間Security Minuteビデオキャストでご覧いただけます。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネットは (NASDAQ: FTNT) ネットワーク セキュリティ アプライアンスのワールドワイド プロバイダであり、統合脅威管理 (UTM) のマーケット リーダーでもあります。フォーティネットの製品とサブスクリプション サービスは、ダイナミックなセキュリティ脅威に対抗する広範で高性能な統合プロテクション機能を提供しつつ、ITセキュリティ インフラの簡易化も実現します。フォーティネットの顧客には、米フォーチュン誌が選出する2010 Fortune Global 100の大部分を含む世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関が名を連ねています。フォーティネットのフラグシップであるFortiGate製品はASICによる高速なパフォーマンスを誇り、アプリケーションやネットワークの脅威から保護する多層セキュリティ機能が統合されています。フォーティネットの幅広い製品ラインはUTMにとどまらず、エンドポイントからデータベースやアプリケーションなどの境界やコアに至る大規模エンタープライズのセキュリティを保護します。フォーティネットは本社をカリフォルニア州サニーベールに構え、世界中にオフィスを展開しています。

Copyright© 2011 Fortinet, Inc. All rights reserved. ® と™のマークはいずれも、Fortinet, Inc.、その子会社および関連団体の米国における登録商標および未登録の商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiWebなどがありますが、これだけにとどまりません。その他の商標は、各所有者に帰属します。フォーティネットは、サードパーティに帰する本書での声明や認可について中立的な立場で実証してはおらず、またフォーティネットはそのような声明を保証することもありません。本ニュースリリースには、不確実性や仮説を伴う前向きな内容が含まれている場合があります。不確実性が現実になったり、あるいは仮定が正しくないことが判明したりした場合、そうした前向きな声明や仮説で表明または暗示された内容とは実質的に結果が異なる場合があります。史実に関する声明を除くすべての声明は、前向きな声明であると判断されるべきものです。フォーティネットは、どの前向きな声明についても改正する義務を負わず、またこれらの前向きな声明を改正する方針もありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!