2011年12月8日
フォーティネットジャパン株式会社

  • 米国時間2011年11月30日に発表されたプレスリリースの抄訳です。

フォーティネット、米大手市場調査会社フロスト&サリバン社からAsia Pacific Growth Leadership Awardのファイアウォール/IPSec VPN部門賞を受賞

フォーティネットのアジア太平洋地区での急成長および企業牽引力を高く評価

ネットワークセキュリティのリーディングプロバイダーであり、UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理) ソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet, Inc. 本社:米国カリフォルニア州サニーベール NASDAQ:FTNT)は本日、同社がファイアウォール/IPSec VPN部門において2011 Frost & Sullivan Asia Pacific Growth Leadership Award(2011年度フロスト&サリバン社アジア太平洋成長リーダーシップ・アワード)を受賞したことを発表しました。

この賞は、2010年、アジア太平洋市場において最良の成長とパフォーマンスを達成した各カテゴリのテクノロジ ベンダに授与されるものです。フロスト&サリバン社における分析および世界中の審査員たちが、売上規模および成長率、成長戦略、導入実績・ポートフォリオ多様性、製品およびテクノロジでのイノベーション レベル、顧客評価に基づいて、この賞の候補企業を評価しました。

フロスト&サリバン社の評価によると、フォーティネットは2010年、アジア太平洋地区のファイアウォール/IPSec VPN市場において前年比23.1%の成長を達成し、同市場で主要ベンダの中で最も早い成長を遂げた企業となりました。ファイアウォール/IPSec VPN部門は、スタンドアロン ファイアウォール、次世代ファイアウォール、統合されたセキュリティ アプライアンス、セキュアなルータおよびスイッチ、そしてソフトウェアを含んでいます。

フロスト&サリバン社アジア太平洋地区におけるICTのインダストリ マネージャであるEdison Yu氏は次のように述べています。「困難なビジネス状況にもかかわらず、フォーティネットは驚くほどの成長率を樹立しました。フォーティネットの成功は、ますます厳しくなっている顧客によるセキュリティ要件をヒアリングしそれを満たすと同時に、優れた技術を同社が献身的に追い求めた結果だと言えます。アジア太平洋地区における異なる市場間で親密に顧客の理解を深め合うことによって、フォーティネットはチャネルパートナーが求める効果的な市場戦略プランを、一貫性をもって実施することで、競争率の高いセグメントにおいてバリューチェーンを推進することができました。」

今年の授賞式は、ICTおよびその他の部門のビジネスリーダーが臨席する中、11月29日、シンガポールの歴史的に有名なFullerton Hotelで開催されました。フロスト&サリバン社の賞は、アナリスト・コミュニティからベンダが獲得することができる最も強力な名誉あるエンドースメントの1つです。フォーティネットは昨年、フロスト&サリバン社による昨年度におけるネットワーク セキュリティ ベンダ部門のAsia Pacific ICT Awardを受賞しました。2008年には、フォーティネットはフロスト&サリバン社のGlobal UTM Market Leadership Awardも受賞しています。

フォーティネットは2010年、ビジネスの強化および売上の成長を達成しました。2010年度のアジア太平洋地区および日本における売上は7910万米ドルであり、前年に比べて24%増加しました。2011年、フォーティネットは10月に発表された2011年第3四半期の結果で企業部門においてこれまでで最高の四半期を樹立しました。同時に、フォーティネットは11年連続で最大手企業との契約を成約しました。さらに、日本においては、最高の四半期売上記録を樹立したとともに、東南アジアにおいては、高い成長を達成しました。

インターナショナル セールス&サポートのシニア バイスプレジデントであるPatrice Percheは次のように述べています。「フロスト&サリバン社からこの賞を頂いたことを誇りに思っております。弊社はパートナー プログラムや顧客との関係強化プロセスを強化することで、アジア太平洋地区間で多大に投資してきましたが、この賞は、当地区の企業からフォーティネットの献身が証明されたことを示しています。また、この賞は、弊社のFortiGateプラットフォームが今日、セキュリティの保護、柔軟性、パフォーマンスにおける最高の組み合わせを企業へ提供していることを改めて実証したものと言えます。さらに、弊社は、ますます拡大するセキュリティ課題への企業の取り組みを支援するためにイノベーションを推し進め続けます。」

フロスト&サリバン社について (www.frost.com)
「グロース・パートナーシップ・カンパニー」のスローガンを掲げるフロスト&サリバン社は、クライアントの成長を促進するとともに、クライアントが成長、革新、リーダーシップの各分野において最高のポジションを獲得できるよう支援しています。同社のグロース・パートナーシップ・サービスは、クライアントのCEOとそのグロース チームに統制のとれた調査とベストプラクティス モデルを提供することで、強力な成長戦略の策定、評価、遂行を推進します。フロスト&サリバン社は50年にわたる経験を活かし、6大陸の40以上の事業所でGlobal 1000選出の企業、新興企業、および投資機関とパートナーシップを結んでいます。同社のグロース・パートナーシップについては、http://www.frost.comをご覧ください。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネットは (NASDAQ: FTNT) ネットワーク セキュリティ アプライアンスのワールドワイド プロバイダであり、統合脅威管理 (UTM) のマーケット リーダーでもあります。フォーティネットの製品とサブスクリプション サービスは、ダイナミックなセキュリティ脅威に対抗する広範で高性能な統合プロテクション機能を提供しつつ、ITセキュリティ インフラの簡易化も実現します。フォーティネットの顧客には、米フォーチュン誌が選出する2010 Fortune Global 100の大部分を含む世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関が名を連ねています。フォーティネットのフラグシップであるFortiGate製品はASICによる高速なパフォーマンスを誇り、アプリケーションやネットワークの脅威から保護する多層セキュリティ機能が統合されています。フォーティネットの幅広い製品ラインはUTMにとどまらず、エンドポイントからデータベースやアプリケーションなどの境界やコアに至る大規模エンタープライズのセキュリティを保護します。フォーティネットは本社をカリフォルニア州サニーベールに構え、世界中にオフィスを展開しています。

Copyright© 2011 Fortinet, Inc. All rights reserved. ® と™のマークはいずれも、Fortinet, Inc.、その子会社および関連団体の米国における登録商標および未登録の商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiWebなどがありますが、これだけにとどまりません。その他の商標は、各所有者に帰属します。フォーティネットは、サードパーティに帰する本書での声明や認可について中立的な立場で実証してはおらず、またフォーティネットはそのような声明を保証することもありません。本ニュースリリースには、不確実性や仮説を伴う前向きな内容が含まれている場合があります。不確実性が現実になったり、あるいは仮定が正しくないことが判明したりした場合、そうした前向きな声明や仮説で表明または暗示された内容とは実質的に結果が異なる場合があります。史実に関する声明を除くすべての声明は、前向きな声明であると判断されるべきものです。フォーティネットは、どの前向きな声明についても改正する義務を負わず、またこれらの前向きな声明を改正する方針もありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!