2012年2月21日
フォーティネットジャパン株式会社

  • 米国時間2012年2月13日に発表されたプレスリリースの抄訳です。

フォーティネットのFortiOS 4.0 MR3がCommon Criteria EAL 4+認定を取得

第三者機関のセキュリティ認定取得で、政府機関ならびに企業顧客に対するフォーティネットのコミットメントを実証

ネットワークセキュリティのリーディングプロバイダーであり、UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理) ソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet, Inc. 本社:米国カリフォルニア州サニーベール NASDAQ:FTNT)は本日、同社のFortiOS 4.0 MR3オペレーティングシステムがCommon Criteria EAL 4+ (Evaluation Assurance Level 4+:評価保証レベル4+)認定を取得したと発表しました。今回のCommon Criteria EAL4+認定は第三者機関によってFortiOS 4.0 MR3の信頼性が証明されたことを意味し、弊社の顧客である政府機関ならびに企業が求めるセキュリティ要件を満たすものです。

Common Criteria(コモン クライテリア:共通基準)の評価は、第三者によるガイドラインに基づく厳密な分析およびテストから構成され、製品またはシステムのセキュリティを様々な観点から評価します。このテスト作業は、ガイドラインに従う広範な繰り返し可能なプロセスが含まれ、製造業者によって申し立てられている通りにセキュリティ製品が機能するかを検証します。特に、セキュリティの欠陥、および潜在的な脆弱性が念入りにチェックされます。

FortiOS 4.0 MR3は、多くの機能拡張を行っています。主な拡張機能には、ワイヤレス アクセスポイントの自動プロビジョニングをサポートするワイヤレス コントローラの拡張、不正アクセスポイントの検知と抑制、複数の認証メソッドのサポートに加えて、FortiGateプラットフォームから有線・無線を問わず一体化したネットワークの一元管理などが含まれています。これらの拡張機能によってロールベースのアクセスコントロールが可能になり、企業データのレベルをきめ細かに設定して機密データへのアクセスを制限することで、セキュリティのレベルをさらに向上させます。同時に、不正アクセスポイントのオンワイヤ検知と抑制を行い、ワイヤレス接続およびセキュリティに対する管理およびレポーティングを統合させることで、顧客がPCI DSS無線ガイドラインを満たすことを可能にします。

Federal部門のバイスプレジデントであるSteve Kirkは次のように述べています。「Common Criteria EAL 4+は、弊社が大企業および政府機関に継続的にフォーカスするためには必要不可欠な認定です。弊社のFortiGateオペレーティングシステムにおいてEAL 4+認定を取得することは、弊社のお客様に対して、高度なセキュリティおよび高いパフォーマンスを実現するソリューションを提供するという弊社のコミットメントを実証するものです。」

Common Criteria for IT Security Evaluation(情報技術セキュリティ共通基準)は、ISO 15408としても知られていますが、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、オランダの国立セキュリティ機関によって開発されました。多くのタイプの商用ITセキュリティ製品および国家機密レベルの政府機関使用のITセキュリティ製品のための広範な評価基準を提供しています。

今回の検証を実施したEWA-Canada Common Criteria Test LabのディレクターであるErin Connor氏は次のようにコメントしています。「厳しい国際セキュリティ基準に沿った検証テストの結果、最新のFortiOSがEAL 4+認定されたことによって、フォーティネットは、2005年まで遡って、同社のコミットメントを実証したことになります。FortiGateの導入顧客は、設定と操作が簡単な高信頼セキュリティソリューションとして、同製品を信頼して使用することができます。加えて、同社が長期間にわたっていつでもフルサポートを行うことが確認されました。」

フォーティネット製品が最近獲得したその他の認定は次のとおりです。
ISO 9001:2008、NSS, ICSA Labs、Virus Bulletin、FIPS、Dod UC APL、U.S. Army IAAPLおよびCommon Criteria Evaluation Assurance Level 2 (EAL 2+)。

EWA-Canada社について (www.ewa-canada.com)
EWA-Canada社は、カナダでトップのInformation Assuranceコンサルティング会社です。IT Security Engineering、Managed Security Servicesおよび、Common Criteria、FIPS 140 2 Cryptographic Module、Security Content Automation Protocol test labsにおいて、独立した第三者機関として製品の評価およびテストを行うことを専門としています。EWA-Canada社は、広範囲に及ぶCommon Criteriaの評価実績が認められており、企業が効率的かつコスト効率良く評価プロセスを管理できるようにし、そのことによって、企業の製品が確実に認定要件を満たせるようにサポートします。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネットは(NASDAQ: FTNT)ネットワーク セキュリティ アプライアンスのワールドワイド プロバイダであり、統合脅威管理(UTM)のマーケット リーダーでもあります。フォーティネットの製品とサブスクリプション サービスは、ダイナミックなセキュリティ脅威に対抗する広範で高性能な統合プロテクション機能を提供しつつ、ITセキュリティ インフラの簡易化も実現します。フォーティネットの顧客には、米フォーチュン誌が選出する2011 Fortune Global 100の大部分を含む世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関が名を連ねています。フォーティネットのフラグシップであるFortiGate製品はASICによる高速なパフォーマンスを誇り、アプリケーションやネットワークの脅威から保護する多層セキュリティ機能が統合されています。フォーティネットの幅広い製品ラインはUTMにとどまらず、エンドポイントからデータベースやアプリケーションなどの境界やコアに至る大規模エンタープライズのセキュリティを保護します。フォーティネットは本社をカリフォルニア州サニーベールに構え、世界中にオフィスを展開しています。

Copyright© 2012 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「TM」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiDB、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!