2013年7月17日
日本ヒューレット・パッカード株式会社
フォーティネットジャパン株式会社

日本HPとフォーティネットジャパン、中堅・中小企業向けのネットワークセキュリティソリューションで協業

サーバー、ネットワークスイッチ、UTMアプライアンスを統合し、仮想化環境に最適化した推奨構成を作成・提供

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)とフォーティネットジャパン株式会社(略称:Fortinet、本社:東京都港区、社長執行役員:久保田 則夫)は本日、中堅・中小企業向けのネットワークセキュリティソリューション分野での協業開始を発表します。

本協業に伴い、今後、HPのサーバーおよびネットワークスイッチ製品と、FortinetのUTMアプライアンス製品を統合した新しいセキュリティプラットフォームを商品企画し、ソフトバンクBB株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:孫 正義)をはじめとする両社の販売パートナーを通じて提供していきます。これにより、ITインフラの導入コスト削減、運用コスト削減を実現し、中堅・中小企業のさらなるビジネス成長に貢献します。

昨今、中堅・中小企業において、ITインフラの基盤となるサーバー、ネットワークやストレージそれぞれの仮想化技術を組み合わせることで、ITリソースの利用効率を高める効果が期待されている一方で、現実としてはサーバーの仮想化だけが進んでおり、ネットワーク・ストレージ機器に関する仮想化が検討されていないケースも少なくありません。加えて、物理的な環境と異なる特性を持つサーバー仮想化環境におけるセキュリティ対策に苦慮する企業も増加しています。

こうした背景のなか、今回、世界サーバーシェアNo.1(*1)メーカーである日本HPと、国内UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理) シェアNo.1(*2)メーカーであるFortinetの協業により、仮想化環境における両社の強みを生かし、サーバーからネットワークスイッチ、UTMアプライアンス製品までを統合、事前検証した新たなセキュアITソリューションを提供していきます。なお、今後提供される協業ソリューションにより、中堅・中小企業におけるサーバーおよびネットワークの最適な仮想化環境のセキュリティ確保を容易かつ低コストで行うことを可能にします。

*1:出典 IDC Worldwide Quarterly Server Tracker Q1 2013
(x86サーバーはx86アーキテクチャのメインフレームを除く)
*2:出典 IDC Worldwide Quarterly Security Appliance Tracker 2013 Q1

今回の協業における主な内容は以下の通りです。

  • 日本HPの「HP ProLiant サーバー」「HP ネットワーク」と、FortinetのUTMアプライアンス「FortiGate」および「FortiMail」「FortiAnalyzer」「FortiManager」のハードウエア/仮想アプライアンスを統合し、仮想化環境に最適な構成の作成と事前検証を行い、推奨構成として販売活動を展開します。
  • ITシステム全体を考えた、セキュアITシステムのガイドラインを作成し、新たなセキュアITソリューションの商品企画を共同で実施します。
  • Fortinetの販売パートナーへの全体的な教育支援、市場認知度を向上させるためのマーケティング活動を共同で実施します。
  • ソフトバンクBBをはじめとする両社の販売パートナーを通じて、主に中堅・中小規模企業のお客様に向けた提案活動を積極的に展開していきます。

今回の協業における各社の役割は以下の通りです。

<日本HPの役割>

  • 日本HPの既存顧客および販売パートナーに対し、本協業ソリューションを積極的に提案
  • ITシステム(ネットワーク、サーバー、ストレージ、セキュリティ)全体でのソリューション提案による販路拡大
  • 協業ソリューション拡販のための施策検討と実施

<Fortinetの役割>

  • 販売パートナーに対し、協業ソリューションの情報をスピーディーに提供
  • 販売パートナーの拡販経路を活用し、中堅・中小企業向けにソリューションを提案

なお、この度の発表にあたり、以下のエンドースメントをいただいております。

ソフトバンクBB株式会社
コマース&サービス統括 コマース&サービス本部 本部長 高瀬 正一様

「ソフトバンクBB株式会社は、日本ヒューレット・パッカード株式会社とフォーティネットジャパン株式会社の、ネットワークセキュリティソリューション拡販に向けた協業を歓迎いたします。サーバおよびUTM分野における業界シェアトップクラスのメーカー同士による強力な協業は、ITインフラ導入や運用管理にかかるコストの大幅な削減を実現し、ユーザー企業のさらなる成長につながるものと確信します。当社は両社の一次代理店として、今回の協業により提供されるソリューションの販売を積極的に推進します。」

■日本ヒューレット・パッカード株式会社の概要
 本社所在地:東京都江東区大島二丁目2番1号
 代表取締役 社長執行役員 小出 伸一
 資本金:100億円
 URL:http://www.hp.com/jp

■フォーティネットジャパン株式会社の概要
 本社所在地:東京都港区六本木7-18-18 住友不動産六本木通ビル8階
 社長執行役員 久保田 則夫
 資本金:1,000万円
 URL:http://www.fortinet.co.jp/
 米フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)の日本法人

■お客様からのお問い合わせ先
 日本ヒューレット・パッカード株式会社
 カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 0120-436-555
 ホームページ: http://www.hp.com/jp/

 フォーティネットジャパン株式会社
 ホームページ: http://www.fortinet.co.jp/contact

Copyright© 2013 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「TM」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!