2015年2月20日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネットCEO のKen Xie、米ホワイトハウス開催のサイバーセキュリティ・消費者保護に関するサミットに参加

Ken Xieがサミットでサイバーセキュリティにおける官民連携について業界の見識と意見を提供

高性能サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、ホワイトハウスの開催するサイバーセキュリティと消費者保護に関するサミットに、フォーティネットの設立者であり会長兼CEOのKen Xie(ケン・ジー)が出席することを発表しました。同サミットは現地時間2015年2月13日にスタンフォード大学で開催され、サイバーセキュリティ業界・テクノロジー企業・警察当局・消費者保護団体・プライバシー擁護団体・法学研究者などこの分野の第一人者が米国各地から集まり、学生も参加します。参加者は、サイバーセキュリティ強化に向けた協力体制への道を共に探ります。フォーティネットの Ken Xie はサミット参加を求められ、サイバーセキュリティにおける官民連携についての話し合いの場で、業界の見識に基づいた発言を期待されています。

Ken Xieは1997年にインターネットセキュリティ会社 Netscreenを設立(のちにJuniper Networks社が40億ドル以上で買収)、 2000年にフォーティネットを設立し、 時価総額50億ドルを超えるサイバーセキュリティ業界のリーディングカンパニーに成長させました。スタンフォード大学電気工学科で理学修士号を取得したKen Xieは、サイバーセキュリティ業界で 25年を超える経験を持ち、鋭い洞察力を提供して業界の信頼性に貢献しています。全米技術アカデミー会員であるKen Xieは、活気あるエンジニアリング集団の振興を促進し、米連邦政府に対してエンジニアリングとテクノロジー問題に専門的アドバイスを提供することによって、よりよい社会の実現に貢献します。

Ken Xieは次のように述べています。「サイバーセキュリティにおける政府と企業間の連携を進めることは、今後も拡大し続ける脅威に対する企業・政府・消費者の取り組みにおいて必要不可欠です。政府とテクノロジー業界双方のリーダーが現状の問題を議論する場をシリコンバレーに設け、脅威状況の認識を共有しサイバー犯罪防止のための新たな方法を決めることは、増大するリスクの軽減に貢献する素晴らしい一歩となります。フォーティネットはサイバーセキュリティのけん引役として、今後も引き続き高度化する脅威から顧客を防御することに尽力していきます。 私どもは政府と協力して、米国における重要なインフラのさらなる保護に貢献できることを非常に喜ばしく思っています」

ホワイトハウスが開催するサイバーセキュリティと消費者保護に関するサミットについて
同サミットにはこの分野の第一人者が米国各地から参加し、サイバーセキュリティ強化に向けた協力体制の道を共に探ります。サイバーセキュリティの情報共有の促進から安全な決済テクノロジーの導入まで、サミットのパネル討論参加者が取り組むトピックを下記に紹介します。

  • サイバーセキュリティにおける官民連携
  • 消費者を重視する企業・組織における、サイバーセキュリティ実行の改善
  • 安全性に優れた決済テクノロジーの推進
  • サイバーセキュリティの情報共有
  • サイバーセキュリティにおける警察の国際的な連携
  • パスワードによる認証よりも進んだ認証方法
  • 最高セキュリティ責任者(CSO)の視点―テクニカルセキュリティに関する新しい発想

同サミットについての詳細は、http://www.whitehouse.gov/issues/foreign-policy/cybersecurity/summitをご覧ください。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関の最も重要な資産を守っています。フォーティネットがグローバルで提供するセキュアで高速なサイバーセキュリティソリューションは、動的なセキュリティ脅威に対抗する高性能な保護を幅広く提供しながら、ITインフラの簡易化も実現しています。フォーティネットのセキュリティソリューションは業界最高レベルの脅威に関する調査・情報収集・分析により強化されています。ネットワークセキュリティだけを提供するベンダーとは異なり、フォーティネットはネットワーク、アプリケーション、モバイルのいずれの環境においても、仮想化・クラウドか物理かを問わず、企業のセキュリティに関する最重要課題を解決します。フォーティネットの顧客は世界中で21万社を超え、大規模な企業・組織も含む多くの企業が、自社ブランドを守るためにフォーティネットに信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2015 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「TM」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標です。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!