2015年5月29日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネット、メルー・ネットワークスを買収

本買収により、フォーティネットはセキュアな無線ソリューションの増強および企業顧客数の増加と、潜在的な有効市場の拡大を目指す

高性能サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT、本社:米国カリフォルニア州サニーベール)は本日、インテリジェントな無線ネットワーク業界のリーダー企業であるメルー・ネットワークス(NASDAQ:MERU 以下「メルー」)を買収することで最終的に合意したと発表しました。今回の買収は、フォーティネットの掲げるセキュアな無線LANというビジョンと企業の成長への取り組みに相乗効果をもたらし、フォーティネットが提供するソリューション製品群を拡充します。また、インテリジェントでセキュアな統合型無線ソリューションによって、50億米ドル規模に達する世界の企業Wi-Fi市場1 における機会を広げていきます。さらに、業界の先頭に立ち、有線・無線ネットワークおよびデバイス向けに広範なセキュリティサービスを提供するフォーティネットは、本日、企業ネットワークにおけるモバイル機器およびアプリケーションを保護するための、新しいFortiGuardモバイルセキュリティ サブスクリプションサービスも発表しました。

無線技術を使用したソリューションは、簡便で効果的な導入が可能で、また拡張性とスケーラビリティに優れていることから高い評価を得ています。これらの特長に加え、BYOD(私的デバイスの業務利用)のコンセプトによって利便性の高い接続と優れた効率性が実現し、利用者はあらゆる場所で、企業ネットワークへのセキュアな接続を期待するようになってきています。その結果、あらゆる規模の企業で無線LANを導入する動きが加速しています。しかし、企業に対するサイバー攻撃が猛威を振るうなか、企業ネットワークの無線LAN化によって不明で信頼できないモバイル機器が企業ネットワークに入り込むことは、情報セキュリティにおける重大なリスクとなります。フォーティネットの革新性に富んだセキュリティおよびワイヤレスの様々な製品・サービスは、顧客にとって極めて重大なものであり、統合されたセキュアなネットワーク・ファブリックの拡張、企業ネットワークで伝達される情報の保護、そして企業ネットワークおよびデバイスの効率性の高い管理の実現によって顧客に価値をもたらします。

セキュアなWi-Fiサービスを提供する市場での、フォーティネットの定評あるソリューション、および安全性に優れたFortiAP無線アクセスポイントと企業支社や小規模企業向けのFortiWiFi統合型セキュリティアプライアンスは、フォーティネットの高度なテクノロジーを誇る製品群において、最も著しい成長を見せています。メルーのインテリジェントな無線ソリューションがフォーティネットの製品群に加わることにより、安全性に優れ最適な顧客満足体験をいつでもどこでも提供するサービスが強化され、企業、教育・医療機関、サービス業など、高負荷容量を必要とする高密度なクライアント環境において、優れたパフォーマンスを提供していきます。

メルーの広範なソリューションのうち、主なものとして以下が挙げられます。

  • アクセスポイント ― 機能性が高く、低レイテンシで信頼性に優れ、データ、音声、ビデオアプリケーションをサポートする無線接続を提供します。
  • コントローラ ― アクセスポイントとクライアントデバイス間の無線トラフィックを最適化し、ミッションクリティカルな企業の、無線接続に対するニーズに対応します。
  • SDNに対応した無線システムのソフトウェア ― 有線・無線LANを円滑に管理・保護するとともに、無線に対応した利用者のデバイスを効率的にセットアップします。
  • クラウド型および仮想無線LANコントローラとアプライアンス ― データセンターかプライベートクラウド環境かを問わず、無線ネットワークインフラの導入・拡張において、比類のない選択肢と柔軟性を提供します。

フォーティネットの創業者であり、会長兼CEOのKen Xie(ケン・ジー)は次のように述べています。「メルー・ネットワークスの買収は、堅牢なネットワークセキュリティとユビキタスな接続を結びつけるという、フォーティネットの全社的なセキュリティのビジョンを明確にするものです。今回の買収により、モバイル時代に、新しいソリューションやサービスの提供を通じて、あらゆる規模の企業における有線・無線ネットワークの導入・管理・保護に貢献することで、フォーティネットのイノベーションがさらに高まることを期待しています。市場をリードするエンドツーエンドのセキュリティプラットフォームを拡充することによって、フォーティネットの成長機会が高まるだけでなく、世界中の顧客とパートナーにもメリットをもたらすと考えています」

またフォーティネットは本日、別のプレスリリースで、新しいFortiGuardモバイルセキュリティ サブスクリプションサービスの発売を発表しました。この新しいサービスは、業界をリードするFortiGateの統合型セキュリティアプライアンスに導入でき、特にBYODを取り入れる企業ネットワーク向けに、モバイル機器を保護するように設計されています。メルー買収との相乗効果で、FortiGuardモバイルセキュリティ サブスクリプションサービスによって、フォーティネットのソリューションプラットフォームを強化していくとともに、有線・無線いずれの環境でも、顧客である企業の重要な情報資産の保護に一層取り組んでいきます。

メルー・ネットワークスの買収により、研究・調査およびエンジニアリングにおける経験豊富な人材がフォーティネットに加わることで、ネットワークのすべてのエントリーポイントで有線・無線デバイスを保護・管理するという、フォーティネットの戦略を加速させていきます。

さらに、メルーは、受賞歴のある33件以上の特許取得に加え35件の特許を出願中で、これによりフォーティネットの世界で210件を超える特許取得と165件を超える特許出願数が強化されます。またこれらのイノベーションによって、世界中で14,000社を超えるメルーの顧客と、210,000社以上のフォーティネットの顧客にメリットがもたらされます。

メルー・ネットワークスのプレジデント兼CEOであるBami Bastani博士は次のように述べています。「フォーティネットとメルーが力を合わせることで、企業向けWi-Fiサービス市場における私達の市場位置が強化され、セキュアで最適な接続をモバイル利用頻度の高いエンドユーザーに提供したいというCIO(最高情報責任者)の要求に対応できると考えています。メルーは他社とは差別化した技術を持ち、ONFの認定を受けた唯一のSDN対応無線ソリューションを提供していますが、フォーティネットの、企業ネットワークのコアからエッジまで対応したセキュリティソリューションと連携することによって、幅広いソリューショをセールスチームやチャネルパートナーに提供できます」

買収合意に基づく取引条件のもと、フォーティネットはメルーの発行済み普通株式1株につき現金1.63米ドルを支払いますが、これは本買収取引で約4,400万米ドルの株式価値です。

本買収取引は、慣習的な完了条件に基づき、2015年第3四半期に完了の予定です。フォーティネットは、今回の買収取引は、2015年の売上高、収益、営業利益率、および非一般会計原則による収益に与える影響は軽微だと見込んでいます。取引完了後、メルーはフォーティネットの傘下に入り、本買収取引の詳細金額についてフォーティネットは2015年第2四半期の決算発表時に開示する予定です。本買収取引が完了するまでは、フォーティネットとメルーは、別々の会社として操業していきます。

メルーは2002年に設立され、2010年に新規株式公開を完了しています。米国カリフォルニア州サニーベールに本社を置き、世界中に300人を超える従業員がいます。2014年12月末までの1年間で、メルーは9,090万米ドルの収益を報告しています。

1 参考元:Dell'oro Group

メルー・ネットワークスについて
メルー・ネットワークス(NASDAQ: MERU)は、802.11acに対応したインテリジェントな無線ソリューションの業界リーダーで、教育・医療機関、サービス業、企業などに最適な顧客満足体験を提供しています。メルー・ネットワークスのオープン・スタンダードをベースとしたアーキテクチャーは、有線・無線ネットワークの一元管理を実現するために設計されています。メルー・ネットワークスはエンドツーエンドでアプリケーションの最適なパフォーマンス(QoS)を実現し、法的拘束力のあるサービスレベル契約に結び付けます。また、高密度なクライアント環境において、優れたパフォーマンスと高い性能を提供します。メルー・ネットワークスについての詳細はwww.merunetworks.comをご覧になるか、(408) 215-5300までお問い合わせください。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関の最も重要な資産を守っています。フォーティネットがグローバルで提供するセキュアで高速なサイバーセキュリティソリューションは、動的なセキュリティ脅威に対抗する高性能な保護を幅広く提供しながら、ITインフラの簡易化も実現しています。フォーティネットのセキュリティソリューションは業界最高レベルの脅威に関する調査・情報収集・分析により強化されています。ネットワークセキュリティだけを提供するベンダーとは異なり、フォーティネットはネットワーク、アプリケーション、モバイルのいずれの環境においても、仮想化・クラウドか物理かを問わず、企業のセキュリティに関する最重要課題を解決します。フォーティネットの顧客は世界中で21万社を超え、大規模な企業・組織も含む多くの企業が、自社ブランドを守るためにフォーティネットに信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2015 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「TM」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標です。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!