2016年1月13日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネットの高性能ファイアウォールをGYAO!で導入。
超高速・低遅延の映像配信を実現

高性能サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、ヤフー株式会社が子会社である株式会社GYAOと協力して運営する無料映像配信サービス「GYAO!」向けに、超高速・低遅延を実現するフォーティネットの高性能ファイアウォール「FortiGate-3700D」を採用して映像配信インフラを刷新したことを発表しました。

GYAO! は映画、ドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリー、スポーツ、音楽PVなど様々な映像を無料で配信する日本最大級の映像配信サービスで、動画投稿サイトと異なり、すべて著作権処理された映像配信サービスとして映像コンテンツを配信しています。

新しいGYAO! 向けネットワークシステムでは、スマートデバイスによるアクセスが年々急増していることに加え、映像コンテンツの高精細度(HD:ハイデフィニション)化に対応すべくインフラを強化する必要がありました。そこで各社のファイアウォール製品を比較検討した結果、超高速・低遅延な映像配信インフラの実現が可能なFortiGate-3700Dを選定しました。

同システムには、Yahoo! JAPANのコンテンツ配信を行う関東・関西のデータセンターで、毎秒100万リクエストと800Gbpsのトラフィックを処理できる高速のインフラが求められており、インターネットの出入口でボトルネックが発生しないよう、セキュリティを維持するファイアウォール装置にも高速かつ高い処理能力が必要でした。新規セッション数、ロスのないログの取得、40 Gbpsインタフェースによるネットワーク統合、可用性の高さ、データセンターの経済性を考慮した省電力・省スペースという5点がファイアウォールの主要要件として挙げられていました。

FortiGate-3700Dはそれらの要件を満たすファイアウォールとして、関東・関西のデータセンターにそれぞれ5 組10台が導入され、2015年5月から本格稼働を開始しました。40 GbE( 4 ポート)、10 GbE( 28 ポート)というインタフェース仕様を活かし、アップリンク側が40GbE×2ポート、ダウンリンク側が10GbE×8ポートで接続し、ファイアウォール要件に挙げられていた40Gbpsインタフェースによるネットワーク統合を実現しています。

ヤフー株式会社 システム統括本部 サイトオペレーション本部 インフラ技術2部 部長の吉永 伸司氏は次のように述べています。
「GYAO! には、ユーザーからの膨大なアクセスに対応し、ビジネスを妨げない高い安定性と信頼性を兼ね備えたインフラが必要でした。本格稼動を開始してから半年以上が経過しましたが、システム使用率も上がることなく、大容量コンテンツ、大量のセッションに期待通りのパフォーマンスと安定性で応えてくれています」

フォーティネットジャパン株式会社 社長執行役員の久保田 則夫は次のように述べています。
「ヤフー株式会社様が昨年行ったCDNの統合に続き、GYAO!のインフラにFortiGateを採用していただいたことを光栄に思います。今後も、ヤフー株式会社様の求める高いパフォーマンス要件に応え、GYAO!の動画配信をいつでもどこでも安全に楽しむためのインフラをフォーティネットは影で支えて参ります」

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関の最も重要な資産を守っています。フォーティネットがグローバルで提供するセキュアで高速なサイバーセキュリティソリューションは、動的なセキュリティ脅威に対抗する高性能な保護を幅広く提供しながら、ITインフラの簡易化も実現しています。フォーティネットのセキュリティソリューションは業界最高レベルの脅威に関する調査・情報収集・分析により強化されています。ネットワークセキュリティだけを提供するベンダーとは異なり、フォーティネットはネットワーク、アプリケーション、モバイルのいずれの環境においても、仮想化・クラウドか物理かを問わず、企業のセキュリティに関する最重要課題を解決します。フォーティネットの顧客は世界中で21万社を超え、大規模な企業・組織も含む多くの企業が、自社ブランドを守るためにフォーティネットに信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2016 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「TM」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標です。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!