2016年1月26日
フォーティネットジャパン株式会社

フォーティネット、日本のセキュリティ機器市場でベンダー売上額、出荷台数ともにシェアNo.1を達成

高性能サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、調査会社IDCのレポートによると国内セキュリティ機器市場において2015年第3四半期(7月-9月)に、出荷台数に加えベンダー売上額でも日本市場でシェア第1位となったことを発表しました。フォーティネットは、セキュリティ機器の出荷台数では2012年より第1位のシェアを維持しており、日本のセキュリティ機器市場のリーダーとしてのポジションをより確固たるものにしました。

2015年12月に発行されたIDC Japanの「Worldwide Quarterly Security Appliance Tracker - 2015 Q3」によると、2015年第3四半期にフォーティネットの国内セキュリティ機器市場のベンダー売上額シェアは15%となり、第二位に3ポイントの差をつけて第1位となりました。前年同期と比較するとフォーティネットの市場シェアは12%から15%に拡大しています。

国内セキュリティ機器市場
2014年7月-9月(ベンダー売上額)

国内セキュリティ機器市場
2015年7月-9月(ベンダー売上額)

IDC Japan株式会社 ソフトウェア&セキュリティ リサーチマネージャーの登坂恒夫氏は以下のように述べています。「セキュリティ機器市場は緩やかな成長が続いていますが、マイナンバー法などの法規制や4年後の東京オリンピックに向けて需要は拡大するとみています。2015年第3四半期は、ネットワークセキュリティ専業メーカーの伸びが顕著であり、今後さらにIoTやウェアラブルデバイスなどの登場で攻撃手法が複雑化するため、セキュリティに特化したベンダーが果たす役割はより重要になります」

フォーティネットジャパンの社長執行役員、久保田則夫は次のように述べています。「存在感のあるネットワーク総合メーカーを抜いて、ベンダー売上額でも国内シェア第一位となったことは私どもにとって大きなマイルストーンです。これはFortiGateが、日本でたくさんのお客様に受け入れられた結果であり、パートナー様の強力な支援なしには達成できなかったことだと認識しております。今後もフォーティネットに対する期待を真摯に受け止め、ネットワークセキュリティベンダーとしての責任を果たしていくため、一層気持ちを引き締めて日本のお客様へのサポートを強化して参ります」

UTMまたは次世代ファイアウォール(NGFW)として導入が可能なFortiGateは、SOHOから大企業、さらにデータセンターやMSSPまで、それぞれのネットワーク規模に応じた製品を幅広くラインナップしています。可視化と効率のよい管理をサポートするFortiAnalyzerやFortiManager、各領域に特化してより強固な防御を可能にするFortiMail、FortiWeb、FortiDDoSや未知の脅威を検出するFortiSandbox、セキュアな無線LANアクセスなど、クラウド環境にも柔軟に対応する先進のセキュリティソリューションを提供しています。

* 出典: IDC's Worldwide Quarterly Security Appliance Tracker - 2015 Q3

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は世界中の大規模企業、サービスプロバイダ、行政機関の最も重要な資産を守っています。フォーティネットがグローバルで提供するセキュアで高速なサイバーセキュリティソリューションは、動的なセキュリティ脅威に対抗する高性能な保護を幅広く提供しながら、ITインフラの簡易化も実現しています。フォーティネットのセキュリティソリューションは業界最高レベルの脅威に関する調査・情報収集・分析により強化されています。ネットワークセキュリティだけを提供するベンダーとは異なり、フォーティネットはネットワーク、アプリケーション、モバイルのいずれの環境においても、仮想化・クラウドか物理かを問わず、企業のセキュリティに関する最重要課題を解決します。フォーティネットの顧客は世界中で25万社を超え、大規模な企業・組織も含む多くの企業が、自社ブランドを守るためにフォーティネットに信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2016 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「TM」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標です。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!