2016年7月21日
フォーティネットジャパン株式会社

NEC、FortiSandboxを用いた国内初のSaaS型サンドボックスサービスを開始

「クラウドサンドボックスサービス for FortiGate」をActSecure SaaS型セキュリティサービスに追加

高性能サイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、NECが「ActSecure SaaS型セキュリティサービス」に、クラウドサンドボックス機能を提供する「クラウドサンドボックスサービス for FortiGate」をラインアップに追加し、FortiSandboxを用いた国内初のSaaS型サンドボックスサービスが開始されたことを発表しました。

クラウドサンドボックスサービス for FortiGateの特長

  • 「国内初のFortiSandboxを用いたSaaS型サンドボックスサービス」 NECが提供する ActSecure SaaS型セキュリティサービスに追加された、セキュリティ機器国内シェア No.1*のFortiGateをお使いのお客様に対し提供をされる、新しいクラウドサンドボックスサービスです。
  • 「攻撃の検知から、シグネチャによる防御までを自動化」 NECがクラウド上にFortiSandboxを活用しサンドボックス環境を構築。SaaS型サービスとしてFortiGateをご利用中のお客様に、手軽かつ迅速にサンドボックスによるサイバー攻撃対策を提供いたします。
  • 「初期コストをおさえて標的型攻撃等、未知の脅威への対策を強化可能」 標的型攻撃対策の設備を導入したいが、すぐには投資が困難、運用担当者がいない、というお客様の問題を解決します。

フォーティネットのFortiSandbox は、プロアクティブな脅威検知と減災対策を提供するとともに、脅威の本質を把握することで実効性の高い対策を実現します。FortiSandbox の基盤となっているのは、独自の二重構造のサンドボックスで、効率的に脅威を検知します。このサンドボックスは、豊富な実績を誇るフォーティネットのマルウェア対策オプションであるFortiGuard サブスクリプションサービスによって提供される最新の脅威情報によって、長年の実績に裏付けられたフォーティネットの専門知識を、企業の現場やクラウドで包括的に活用可能となります。

NECでは、2006年から10年にわたりFortiGateを対象にセキュリティ運用サービスを提供して来ました。また2010年からはフォーティネットのゴールドパートナー(現在はプラチナパートナー)として、通信事業者、自治体・公共、大学研究機関、大手エンタープライズ等のお客様に対し、フォーティネットのセキュリティソリューションの導入・構築を行っております。

NEC スマートネットワーク事業部 事業部長 北風二郎氏は以下のように述べています。
「NECは、これまで、当社のトータルセキュリティサービス ActSecureとフォーティネット社のFortiGateとの連携強化に取り組んで参りました。その結果、連携ソリューションについて、多くのお客様から高い支持をいただいております。今や標的型メールをはじめとしたサイバー攻撃からシステムを守るために、次世代ファイアウォールに加えサンドボックスソリューションの導入は不可欠となっておりますが、お客さま自身での構築、運用は難しく、新たな課題となっています。NECは、両社製品の強みを活かして、運用をシンプル化し、高信頼かつ利便性と運用性に優れたセキュア環境をお客様にご提供していきます」

フォーティネットジャパン 社長執行役員 久保田則夫は次のように述べています。「フォーティネットはこの数年間、NECと密に連携して参りましたが、このたびActSecure SaaS型セキュリティサービスにFortinetのサンドボックスソリューションを正式にサポートしていただいたことは、FortiGate、およびFortiSandboxの性能と機能性を高く評価していただいた結果だと思っております。サイバー攻撃の脅威が拡大するなか、セキュリティ対策は非常に重要な課題となっており、構築プロセスや運用においてセキュリティも含んで自動化できることは大きなメリットをもたらします。今後もフォーティネットは、ネットワークセキュリティを提供するリーディングプロバイダとして、NEC様のトータルセキュリティサービスに向けた取り組みを支援して参ります」

「クラウドサンドボックスサービス for FortiGate」の詳細
ウェブサイト: http://jpn.nec.com/act/acts_cloudsandbox.html
(資料 別紙)
お問い合わせ先
NEC スマートネットワーク事業部 サービス推進グループ
TEL: (044)435-5394
E-mail: contact@act.jp.nec.com

*出典:IDC's Worldwide Quarterly Security Appliance Tracker - 2016Q1

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大する攻撃に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、ボーダレスなネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティファブリックのアーキテクチャだけです。世界27万以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネットに信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2016 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「TM」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標です。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCloud、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiAP、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!