2016年8月8日
株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト
株式会社アシスト
Ericom Software Ltd.
フォーティネットジャパン株式会社

「AQStage アプリケーション仮想化」サービスの提供開始について

~ネットワーク分離によるセキュリティー対策も可能~

株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト(以下、NTTネオメイト 本社:大阪府大阪市中央区 代表取締役社長: 坂口隆冨美) は、NTTネオメイトのクラウド上にあるアプリケーションをセキュアに利用するクラウドサービス「AQStageアプリケーション仮想化」(以下、本サービス)を、平成28年8月8日から全国で提供開始いたします。NTTネオメイトは、株式会社アシスト、Ericom Software Ltd.のアプリケーション仮想化技術と、Fortinet, Inc.のセキュリティー技術を組み合わせることによって、情報漏えいリスクの極小化を実現します。

1.本サービス提供の背景

出張先や自宅から多種多様な端末を使って会社情報にアクセスする等、ワークスタイル変革を実現するため、業務環境の整備を進める企業が増えています。他方では、機密情報を盗み出す標的型サイバー攻撃の脅威が急増しており、情報漏えいリスク対策が強く求められています。NTTネオメイトではこれまで、このような社会の情勢に対応するため、セキュアにワークスタイル変革を実現する「AQStage仮想デスクトップ」を提供してきました。今回、本サービスの提供により、特定のアプリケーションのみセキュアに利用することが可能となり、より多様なワークスタイルの実現に貢献します。さらに、新たなセキュリティー対策として、インターネットには本サービス経由で接続し、社内システムには既存のWebブラウザー経由で接続することで、お客さま端末にある重要な情報が漏えいするリスク対策にも貢献します。

2.本サービスの概要

本サービスは、NTTネオメイトのデータセンター内で動作するアプリケーション(*1)を、ユーザーの利用する端末に画面転送する仕組みで提供します。

  • (特長1)場所、端末を問わずクラウド上のアプリケーションを利用できます。
  • (特長2)アプリケーション利用に関するデータはクラウド上に保存され、ユーザーの端末にデータが残らないため、端末の紛失・盗難による情報漏えいリスクを極小化します。
  • (特長3)クラウド上のお客さまの資産は、多層防御を具備した高度なセキュリティー機能により保護します。
  • (特長4)本サービスを利用したインターネット接続用Webブラウザーと、既存の社内システム接続用Webブラウザーを使い分けることにより、標的型サイバー攻撃による社内ユーザー端末の情報漏えいリスクを極小化します。
    (ダブルブラウザーソリューション)
  • (特長5)各種アプリケーションの導入、最新化はNTTネオメイトで実施しますので、お客さまによるメンテナンスは不要です。


図1 AQStageアプリケーション仮想化 イメージ

3.本サービスの利用シーン

(1)BYODを利用した在宅勤務、営業先でのリモートアクセスに
どこからでも多種多様な端末を使ったアプリケーションの利用が可能です。また、必要なアプリケーションのみ画面転送されるため、画面の小さなスマートフォンやタブレットでも快適に利用できます。

(2)標的型サイバー攻撃による、社内の機密情報漏えい対策に
ダブルブラウザーソリューションにより、既存の端末環境を変更することなくネットワーク分離が可能となり、万が一ユーザーの端末がマルウェアに感染した場合の情報漏えいリスクを極小化します。

(3)既存Webアプリケーションの延命対策に
ダブルブラウザーソリューションにより、社内システムに接続するWebブラウザーは最新化する必要がないため、社内のWebアプリケーションの延命が可能となります。


図2 ダブルブラウザーソリューション イメージ

4.提供料金(参考価格:税別)

初期費用:300,000円~(契約ごと)
月額費用:お客さまのご利用状況によって異なります。

※ご利用条件の一例
 同時接続率10%、各ユーザー領域1GB、300ID契約の場合で1,980円程度(ユーザーごと)
 お客さまのご利用条件によって月額費用は異なりますのでお問い合わせ願います。

5.提供エリア・ご利用条件

(1)提供エリア
 全国

(2)ご利用条件

  • 最低利用期間:1年
  • お客さまにてご準備いただくもの:クライアント端末/Active Directory/データセンターと接続する通信回線
  • クライアントOS:Windows 7、8.1、10/Apple OSX 10.10以上/Apple iOS/Google Android/Google Chrome OS

6.提供開始日

平成28年8月8日

7.関係各社からのコメント

<株式会社アシスト執行役員 システムソフトウェア事業部長 田畑哲也>
株式会社アシストは、この度NTTネオメイト様のサービス『AQStageアプリケーション仮想化』が提供開始されることを心より歓迎いたします。昨年から提供している、『Ericom Connect』をエンジンとした『ダブルブラウザーソリューション』が多くのお客さまから高いご評価をいただいている中、今回、NTTネオメイト様の『AQStageアプリケーション仮想化』に『Ericom Connect』が採用されることで、国内で初めてクラウドサービスとしての提供が実現し、お客さまからかねてよりいただいていたご要望に応え、選択肢を広げると共に利便性を高めるものと確信しています。今後もNTTネオメイト様との協業体制をより一層強化し、お客さまへの新たな価値提供を実現して参ります。

<Joshua Behar, President and CEO of Ericom Software Ltd.>
Ericom Software Ltd.は、NTTネオメイト様のクラウドサービスに『Ericom Connect』が選ばれたことを嬉しく思います。世界中の多くの企業や組織が、ITをクラウドホスティングモデルに移行することによる価値に気付きつつあります。『Ericom Connect』は、クライアントレス・アクセス、優れたスケーラビリティ、導入・管理の容易さという点でホスティングプロバイダーにとって理想的なソリューションであり、顧客に迅速なサービス展開を可能にします。私達は、アシストと共にNTTネオメイト様の「AQStageアプリケーション仮想化」を支援していきます。

<フォーティネットジャパン株式会社 社長執行役員 久保田則夫>
NTTネオメイト様の『AQStageアプリケーション仮想化』提供開始を心より歓迎いたします。また、このサービスで重要なコンポーネントとなるセキュリティー機能の提供メーカーに、世界および国内でセキュリティー機器シェアNo.1(*2)のフォーティネットを選定していただいことを喜ばしく思います。場所を選ばずにセキュアなワーク環境を提供するこのサービスを実現する仮想化技術をさらにお客さまが活用できるように、フォーティネットは今後も仮想アプライアンスの開発に注力いたします。また、サイバー攻撃の脅威からお客さまを守るために、セキュリティーインテリジェンスの強化にも努めてまいります。

*1 提供アプリケーション:
・Microsoft Internet Explorer/Google Chrome/Mozilla Firefox/Microsoft Office
※Microsoft Office利用については別途ライセンス料が必要となります。
・その他業務アプリケーション (Windows Server 2012 R2上で実行可能なアプリケーションが前提となります。)
※お客さまにてアプリケーションをご用意いただく必要があります。

*2 出典:IDC's Worldwide Quarterly Security Appliance Tracker - 2016Q1(出荷台数)

※Active Directory/Windows7/8.1/10,Windows Server 2012/Office/ Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
※Apple OSX,Apple iOSは、米国および他の国々で登録されたApple Incの商標です。
※Android/Chrome OS/ Chromeは、Google Inc. が所有する商標または登録商標です。
※Firefoxは、Mozillaが所有する商標または登録商標です。

8.お問い合わせ先

NTTネオメイト
ITビジネス本部 プラットフォームサービス推進部
TEL:06-4301-4568
(受付時間 9:00 ~ 17:00  土・日・祝祭日、年末年始は除きます)
E-mail:aqstage_apv@ntt-neo.co.jp
ホームページ:http://www.ntt-neo.com/service/apv/

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時のものです。
最新の情報と内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

フォーティネットについて (www.fortinet.com)
フォーティネット(NASDAQ: FTNT)は、世界中の大手企業、サービスプロバイダ、そして政府機関を守っています。フォーティネットは、拡大する攻撃に対するシームレスな保護とインテリジェンスを提供し、ボーダレスなネットワークでの、増え続けるパフォーマンスの条件に応じるパワーで、現在もまた将来も、お客様に貢献します。ネットワーク上でも、アプリケーションやクラウド、またはモバイル環境であっても、妥協することなく、極めて重大なセキュリティ上の問題に対応するセキュリティを提供できるのはフォーティネットのセキュリティファブリックのアーキテクチャだけです。世界27万以上のお客様がビジネスを守るためにフォーティネットに信頼を寄せています。
フォーティネットジャパンについては、www.fortinet.co.jpをご覧ください。

Copyright© 2016 Fortinet, Inc. All rights reserved. 「®」および「TM」マークはいずれも、Fortinet, Inc.とその子会社および関連会社の米国における登録商標および未登録商標であることを示します。フォーティネットの商標には、Fortinet、FortiGate、FortiGuard、FortiManager、FortiMail、FortiClient、FortiCare、FortiAnalyzer、FortiReporter、FortiOS、FortiASIC、FortiWiFi、FortiSwitch、FortiVoIP、FortiBIOS、FortiLog、FortiResponse、FortiCarrier、FortiScan、FortiDB、FortiVoice、FortiWebなどが含まれますが、これらに限定されるものではありません。その他の製品名およびサービス名等は、各社の商標である場合があります。フォーティネットは、本プレスリリース内の第三者に帰する声明、認可またはテストについては、検証を行っておらず、また、このような第三者に帰する声明を承認するものではありません。本プレスリリースは、保証または債務保証、または契約として一切拘束を受けるものではなく、記載された製品仕様または製品性能は、ある特定の環境や条件のもとで計測されていることがあります。また、本プレスリリースには、将来の見通しに関して不確実性および仮説を伴う記述が含まれている場合がありますが、本不確実性が現実になったり、あるいは本仮説が正しくないことが判明したりする場合、明文的あるいは暗黙的に記述された内容と異なる結果が生じることがあります。これには、サイバー犯罪活動の動向予測に関する記述などが含まれますが、これに限定されるものではありません。このような動向は予測することが困難であり、また、このような動向に関する公開予測や期待事項は結果として正しくないことがあります。フォーティネットは、このような将来見通しを改正する義務を一切負うものではなく、また改正を発行することもありません。

 

フォーティネットについて

設立

2000年

NASDAQ上場

FTNT(銘柄名)

本社

カリフォルニア州サニーベール

従業員数

5,400人以上

財務経営

  • 2017年度の売上:
    14.95億ドル
  • 無借金経営

最初の製品出荷

2002年5月

出荷実績

4,000,000台以上

顧客数

360,000社以上

市場での実績

出荷台数 世界第1位
(IDC調べ)

特許数

  • 536件の特許取得
  • 240件の特許出願

@FortinetJapanをTwitterでフォローしよう!